スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Perfume★Zero Gravityレビュー:あ~ちゃん歌声の変化

カテゴリー: 全曲レビュー:右下リスト有

トライアングルのレビューを書こうと思ったら、

物凄い長くなってしまったので、1曲ずつ書くことにしてみました。

曲順ではなく、書きたい順。トップは「Zero Gravity」激しくツボです。


曲はまさしく「心地よいサラウンド」。疾走感が爽快です。

夜の高速で、それも視界の広がる湾岸道で飛ばしながら聞きたい。

もちろん助手席ではなく運転席です。Freedomにあてもなく。


あまり洋楽は得意じゃないんですが、インコグニートを思い出しました。

Jazzテイストに、伝わるヤスタカの引き出しの多さです。このままがいいね。


そして、ポイントはなんと言っても甘ったれアイドル声です。

ナカムラがZero Gravityが一番好きだというと、

さっそくい~なくんがそのアイドル声についてコメントをしてくれました。

ありがとうございます。


そうなんです、やっぱり気になりますよね、too muchな感じが。

 Zer「o」 Gr「a」v「i」ty 解「ぉ」き放てキミのこ「ぉ」こ「ぉ」ろ「ぉ」は「ぁ~」

上の括弧で付け加えた母音がわざと加工強調されて、

too muchな甘さを出しているように思います。

ナカムラは、このtoo muchな甘い声とクールな音の組み合わせが好きです。

でも、今までとちょっと違う気がするんです。。。で、こっからは超個人的解釈です。

あくまーで勝手な個人的解釈です(笑)


あ~ちゃん自分らしく歌いきる。

トライアングルのロキノンインタビューであ~ちゃんが、

 「後のほうで録った「Zero Gravity」とか「Kiss and Music」は、”もういいや。
 別に使われなくても、自分が思ったように歌おう”と思って歌ったんです(笑)。」

と発言しています。


以前ヤスタカからしゃべるように突き放すように歌ってと言われて、

 「どれだけ自分のプライドを捨てるかっていうのがありました。」

という葛藤があり、レコーディングも楽しくなかったと言っています。


でも、ロキノン関係者?ミュージシャン友達?から、

「レコーディングは楽しまなきゃダメだよ。」

と言われて、あ~ちゃんは自分を解放。この2曲は楽しく歌えてよかった言っています。


以前七天のレコーディングで「ディーバ風に歌ってみましょうか」

といって取ったテイクは全く採用されなかった過去がありますが、

今回はあ~ちゃんあ~ちゃんらしく、のびのびと楽しく歌い通したようです。


■ヤスタカ、その甘さをさらに加工、強調する。

でも、それにしてもいつものあ~ちゃんの声より、甘すぎ、too muchなのです。

なぜヤスタカはそんなに過剰に甘くしたのか、その解釈が以下。


QJのインタビューでヤスタカが、「3人から「中田さん、こういうのやりましょうよ」

と言ってくるのを待ってる」と発言していましたよね。


ヤスタカの指示通りではなく、あ~ちゃんの好きなように歌い切ったことは、

あ~ちゃんの反抗であり、ストレートではないけど、こうやりたい!

という意思表示とも取れないでしょうか。


それを受けて、ヤスタカはこれを直すでもなく、むしろその歌い方を受け入れ、

さらに強調されたtoo muchな甘い声とクールな音の組合せという、

Perfumeの個性に昇華させたのでは?


■あ~ちゃんの声から生まれた新しいPerfumeの歌い方?加工の仕方?

ところで、「CHARAふうの歌い方」って一ジャンルとして定着してますよね。

ヤスタカプロデュースのMegもそうだし、wyolicaもそうだし、枚挙に暇がない。


だけど、Zero Gravityは「CHARAふうの歌い方」とも違う、

い~なくんのご指摘の通り、モー娘の「アイドルの元気な歌い方」とも違う、

松田聖子の「アイドル的な声」とも違う、

デフォルメされたあり得ない甘い声ですよね。


Megはその「CHARAふうの歌い方」を「かわいくてキュートな個性」にしていますが、

これはそこまでクールじゃない。むしろデフォルメされたtoo muchさがベタです。

その too muchな甘ったるい声と、Jazzテイストのクールで都会的な曲のコンビネーションが、

あ~ちゃんの提案を受けてヤスタカが出した答えであり、コラボレーションであり、

指示通りに歌う段階からの離脱、4人の作品となったのです!
(すいません、自分に酔って来ました。。。)

#もちろん、Perfumeの曲はMikiko先生の振りがついて完成されますが、
#この曲の振りが想像できない!付くかなぁ?それだけでもワクワクします。


で、2番の出だしはのっちかな?多分。「進展しないことが」がとってものっち。

のっちは本当はもっとまっすぐで伸びのある声だけれど、

 あぁ ほら そっか「ぁ」 いろ「ぉ」いろ「ぉ」チェンジングしてても

上の括弧で付け加えた母音が強調されて、

あ~ちゃんのように甘い声に加工されているように聞こえませんか?

これが、あ~ちゃんに突き動かされたヤスタカのアレンジなのだー(笑)


■ところで、Perfumeのつらいけど恵まれた環境について。

ロキノン関係者、いわゆる、ミュージシャン、アーティストが周囲にいることによって、
自分達はただ歌っているだけで、作詞作曲もしていないし、アーティストではない、
自分達の存在価値は、、、と悩んでしまうのは確かに心配です。

だけど、周りが例えばアイドルばかりだったら、ニキビがオデコにできたとか、
ネイルは私の方がかわいいとか、グラビアの表紙をいくつとったとか、
自分の方が人気があるとかないとか、そんなことが自分の存在価値基準になるような、
次元の違う(レベルの低いと本当は言いたかったのですが、、やめときました。)
世界で埋もれていくのはもっと心配で、もったいないです。

辛いかも知れないけれど、今回「レコーディングを楽しめ」と言ってくれたのも
関係者というし、「アイドル」と呼ばれつつ、「アーティスト」とも呼ばれる、
多面性を持つ多感な20歳の3人にとっては、恵まれた環境と言うべきではないでしょうか。

作詞作曲をしなくても、歌手は表現者という立派なア~ティストです。
ヤスタカと3人が、一緒にPerfumeの音楽を作っていくステージに進みつつある、
そんなPerfumeの成長を勝手に感じる曲という意味でも、
勝手に非常に興味深い曲です。


■ということで、あ~ちゃん大好き、勝手に応援!

GAMEのOricon Weekly1位記念ケーキサプライズ(TOKUTeeeeeeeeeeN!!!!!)で、

「私達歌っているだけじゃけど。。」と言っていたあ~ちゃん。

3人が歌って踊ってこそ、という慰めは通じない、深い苦悩が伺える。


けれど、そんなことはない、少なくとも今回のアルバムは、そんなことはない。

そう勝手にPerfumeの飛躍を感じる曲、Zero Gravity、大好きです。


鍵はキミの中にあるよ、あ~ちゃん。解き放てキミの声を!

大丈夫。思うように、感じるように、やりたいように、自分を信じて表現していけばいい。

そうすれば、(you will )see the new world!!!


あ、あ~ちゃんメイン解釈で、いつもすみません。。。興奮しすぎました。

皆さんはどう思われました?



■おまけ
「シンキング、チェンジング」でエドはるみを思い出したのはナカムラだけ?

七天では「どんだけ~」だし、ヤスタカはお遊びが好きだよなぁ、

とこれまた勝手に解釈して喜ぶナカムラでした。
2009/07/12(日) 23:39 | trackback(0) | comment(15)
前ページ | | 次ページ

G3

[ 編集 ] 2009/07/14(火) 16:55:31

はじめまして。
私もZero Gravityに激しくはまっています。理由はBossaっぽい曲調も好きなのですが、それ以上に彼女達の声にヤラれてしまったからです。

ちなみに私の印象は、中村さんとはちょっと違って、あ~ちゃんにしろ、のっちにしろ、あまり加工してないな、彼女達の生歌に近い、というものでした。出だしのあ~ちゃんの声のAutoTuneはストレートに浅めで、むしろ2つの声を重ねることで独特のハーモニーを作っています。

BeeHiveの頃の映像などを見ると気づくのですが、あ~ちゃんものっちも、素の状態では他の歌手に比べ非常にストレートに、力のこもらない歌い方をします。あ~ちゃんの声は非常に透明感のある、響くような甘い歌声で、のっちはそれがもう少し芯が通った感じ。

あ~ちゃんは好きなように歌った、と表現していますが、おそらく結果として、この歌い方の方がむしろystk氏が求めていた歌い方に近いのではないかと私は考えています。過去の彼女達は残念ながらystk氏が本来求める歌い方を理解できず、ただ単に凡庸に歌うことを求められていると勘違いしていたと思うのです。ystk氏も子供相手にいちいち説明するのが面倒くさかったのでしょう。

でも今になって、ようやく彼女達の素の歌い方の良い部分の引き出し方が分かってきたのではないかと。偶然かもしれないけど。

この曲を聴いたとき、彼女達の歌声が思った以上に本当に心地よくて、Perfumeの「唯一無二」の新しい軸を見た気がして、非常にうれしくなりました。
長文失礼しました。

い~なくん

[ 編集 ] 2009/07/14(火) 23:46:33

Zero Gravity が 激しくツボ・・・ですか。

うらやましい・・・。

とりあえず、これまで尾崎豊 方面でしたので、こういう甘いさに免疫がもともと少なかったのが私の敗因だと思ってます。

甘さが、歌い方によるものと加工具合と組み合って仕上がるものでしょうから、ちょっとどっちのものが特にそう方向づけを担ったかわからなかったですが、G3さんのAutoTuneはストレートで浅め・・・という見解から、3人の個性を優先というか殺さずということでしょうから、やっぱり本人がちょっと甘めに歌っているということでしょうか。

どちらにせよ、ヤスカタ氏 今回注文多くて・3人もある程度歌いたいように歌ったということで完成した曲ですから、「狙った」甘さの曲ということですよね。

3人はある程度自由に歌ったつもりでも・・・、
最初から「それ」を想定して曲をつくり・・・、
必要以上に注文をつけて、パニックを起こさせ・・・
無機質(語るような)な感じではなく、歌いたいように歌わせた。

ヤスタカ氏は計算済みでしょうね・・・。(だとしたら・・・ちょっと嫌なヤツ笑)

こんな感じにも予想できます。


たしかに今回の新曲はのびのび歌っているというか、音としてじゃなく「歌」という感覚の曲が多いですね。

どこぞのアホが甘すぎるとかビックマウスなこと言ってますが、
そんなヤツには「分かってないねキミは~」って体育館の裏にご同行ものですよね。
(・・・私に・・・蹴りを入れないで・・・暴力反対)

ちょっと私には、「スッ」って入り込んでこなかった曲なんですが、結構評判いいですね。
私の感覚に問題があるようです。狭い人間だ。自分にがっかり。

え~と、ポリリズムはやっぱいい曲だ~ よし正常!(軽! って立ち直り早)
ポリリズムもけっこう甘いな・・・これには触れないでおこう。(ツッコミ厳禁)

ケーキのところの見解ですが、(あいかわらず唐突)
ここは苦悩とか恵まれた環境とか・・・特に意識する必要ない気がします。
正直なところ、芸能界は比較的もっと恵まれてもっとチヤホヤされて大きくなった人が大きな割合をしめる特殊な世界だと思ってます。
また上の方にどれだけ気にいられるかという要素が大きいと思いますし、実力があってもまったく駄目な場合もある、ある意味並みの魂ではやっていけないヘビーな世界だと思います。

だだ・・・あのケーキのシーンで自分の置かれた状況をあそこまで的確に把握して、それが言葉に出来るのが・・・凄いと思いました。
しかも、あの年齢で・・・。
歌・ダンス・・・が優れた3人ですが、人間的魅力もアーティストだと思いました。自分それゆえに、なじまない曲でも・・・嫌いにはなれません。(ここ大事)

で、おまけですが (このフイな切り替え・・・気に入ってる♪ キモ・・・)
そのまえに
>あ、あ~ちゃんメイン解釈で、いつもすみません。。。興奮しすぎました。
>皆さんはどう思われました?

あ~ちゃんは天使。

あ~ちゃんが「いい」なら、それについて行くだけ。 以上

という感じで、またまた駄文失礼しました。
では・・・ (おまけは・・・華麗にスルー・・・・・V)

ゆうこ

[ 編集 ] 2009/07/15(水) 13:57:21

G3さん、コメントありがとうございます★

> 私もZero Gravityに激しくはまっています。

ホント、いい曲ですよね。
最近この曲だけヘビロテしてる時もあります。

> ちなみに私の印象は、中村さんとはちょっと違って、あ~ちゃんにしろ、のっちにしろ、あまり加工してないな、彼女達の生歌に近い、というものでした。出だしのあ~ちゃんの声のAutoTuneはストレートに浅めで、むしろ2つの声を重ねることで独特のハーモニーを作っています。

そうなんですね!
ナカムラはあまり音楽に詳しくないので、今までにないすごい甘さを感じて、加工したんだろう程度に勝手に思っていました。
勉強になりますっ。

> あ~ちゃんは好きなように歌った、と表現していますが、おそらく結果として、この歌い方の方がむしろystk氏が求めていた歌い方に近いのではないかと私は考えています。

おおっ!目から鱗というか、ちょっと感動しました!

>過去の彼女達は残念ながらystk氏が本来求める歌い方を理解できず、ただ単に凡庸に歌うことを求められていると勘違いしていたと思うのです。でも今になって、ようやく彼女達の素の歌い方の良い部分の引き出し方が分かってきたのではないかと。偶然かもしれないけど。

Perfumeもヤスタカも(それを殺さないで活かしたという意味で)GJ!ですね。

偶然だとすれば、あ~ちゃんが捨て身で素の歌い方をしたら、ヤスタカも「あれ、こんな声だっったっけ?けっこういい素材じゃん。」と。その甘い声を活かして使ってみたら結構ヤスタカの音とマッチして、ファンにはツボだった、みたいな感じの偶然でしょうか。

そう考えると、起こるべくして起きた偶然な気がします。

歌い方について、試行錯誤して悩みながら取り組んできたことが、3人の中で少しずつ何かの形で蓄積されてきたのだと思います。それがある臨界点に達してふっきれた時に、偶然という形で実を結んだのだと。Seventh Heavenの時は、ふっきれが足りなかったか、ディーバ風で素ではなかったか、単に曲に合わなかったか、ヤスタカの気分じゃなかったかw

いずれにしろ、「Zero Gravity」で良い形で実を結んで、ナカムラのツボに入ってくれて、本当によかった♪と、単純にうれしいです。
    
> この曲を聴いたとき、彼女達の歌声が思った以上に本当に心地よくて、Perfumeの「唯一無二」の新しい軸を見た気がして、非常にうれしくなりました。

私も同じように新境地を感じて嬉しかったし、G3さんからコメントをいただいて、勘違い発見や新しい発見もあって、さらに好きになりそうです。「Zero Gravity」

> 長文失礼しました。

いえいえー。こちらこそ長文なのに、読んで頂けて光栄です。

Perfumeについてこんなに語れる人が周りにいないので、とてもうれしいです。
これからもピンときたら(笑)、コメントしてくださいませ。

ゆうこ

[ 編集 ] 2009/07/16(木) 13:43:59

コメントありがとうございます!

> とりあえず、これまで尾崎豊 方面でしたので、こういう甘いさに免疫がもともと少なかったのが私の敗因だと思ってます。

笑!
尾崎豊方面って、他にどんなの聞くんですか?Radwimpsとか清竜人とか好きですが、、違うか。

> どちらにせよ、ヤスカタ氏 今回注文多くて・3人もある程度歌いたいように歌ったということで完成した曲ですから、「狙った」甘さの曲ということですよね。

> 3人はある程度自由に歌ったつもりでも・・・、
> 最初から「それ」を想定して曲をつくり・・・、
> 必要以上に注文をつけて、パニックを起こさせ・・・
> 無機質(語るような)な感じではなく、歌いたいように歌わせた。
> ヤスタカ氏は計算済みでしょうね・・・。(だとしたら・・・ちょっと嫌なヤツ笑)

うーんいいですねぇ、この読みも!!!

> どこぞのアホが甘すぎるとかビックマウスなこと言ってますが、
> そんなヤツには「分かってないねキミは~」って体育館の裏にご同行ものですよね。
> (・・・私に・・・蹴りを入れないで・・・暴力反対)

お得意のい~なくんひとり劇場、いつも楽しませて頂いております(笑)
いやぁ、でも、あ~ちゃんの声甘いですよね。
またレビューしますが、The Best ThingのAメロのあ~ちゃんの声が、
超ド級甘加工(モトも極甘)、そこまでやるかと思いました。

最初はイラっと来ましたが、今はなぜかお気に入りです。
Perfumeの中毒性は、理解不能、説明不能、制御不能で困ります。

> ちょっと私には、「スッ」って入り込んでこなかった曲なんですが、結構評判いいですね。
> 私の感覚に問題があるようです。狭い人間だ。自分にがっかり。
好き嫌いあって当然ですっ!

> え~と、ポリリズムはやっぱいい曲だ~ よし正常!(軽! って立ち直り早)
飛び過ぎですー強引ですー。
でも、ポリリズムはやっぱりいい曲なので、Tourで外さないでほしい!

> ポリリズムもけっこう甘いな・・・これには触れないでおこう。(ツッコミ厳禁)
とーてーもーだーいーじーなーって、甘いですよね、そういえば。。

きっとい~なくんも「Zero Gravity」の甘さが
だんだん好きになるきになる好きになるでしょう。

> ケーキのところの見解ですが、(あいかわらず唐突)
> ここは苦悩とか恵まれた環境とか・・・特に意識する必要ない気がします。
> 正直なところ、芸能界は比較的もっと恵まれてもっとチヤホヤされて大きくなった人が大きな割合をしめる特殊な世界だと思ってます。
> また上の方にどれだけ気にいられるかという要素が大きいと思いますし、実力があってもまったく駄目な場合もある、ある意味並みの魂ではやっていけないヘビーな世界だと思います。

どんな環境でも大変なことに変わりはないですね、確かに。
ある種の鈍感力が必要ですよね、、3人は敏感に立ち向かっていってしまう、
真正面から取り組んでしまう気がして、やはり心配です。。

> だだ・・・あのケーキのシーンで自分の置かれた状況をあそこまで的確に把握して、それが言葉に出来るのが・・・凄いと思いました。
> しかも、あの年齢で・・・。

激しく同意。
あの状況で咄嗟にあの言葉でるって、、、恐るべし、20歳!です。

> 歌・ダンス・・・が優れた3人ですが、人間的魅力もアーティストだと思いました。

人間的魅力、まさしくそうです。
アイドルの場合はふつう外見的魅力が大きな要素ですが、3人の場合は人間的魅力の占める割合が相対的に大きいですよね。特に、あ~ちゃんの気立てのよさ、素直さ、ユーモアのセンス、一所懸命さは、見る者の心をつかんで離しません。ノックアウト。

>自分それゆえに、なじまない曲でも・・・嫌いにはなれません。(ここ大事)

そこにPerfumeの使命があるのかも!
Perfumeの魅力で通常聞かないジャンルの曲もヘビロテさせて好きにさせてしまう。
日本人の音楽センスを広く耕してくれているにちがいないー!
(またしても興奮)

> で、おまけですが (このフイな切り替え・・・気に入ってる♪ キモ・・・)
はい、キモイです(笑)

> >あ、あ~ちゃんメイン解釈で、いつもすみません。。。興奮しすぎました。
> >皆さんはどう思われました?
>
> あ~ちゃんは天使。
> あ~ちゃんが「いい」なら、それについて行くだけ。 以上

賛成!

> では・・・ (おまけは・・・華麗にスルー・・・・・V)
しょんぼり(笑)

い~なくん

[ 編集 ] 2009/07/29(水) 20:22:49

おそレスコメです。(ごめん)

>笑!
>尾崎豊方面って、他にどんなの聞くんですか?Radwimpsとか清竜人とか好きですが、、違うか。

笑って・・・尾崎豊ですよ。笑うところじゃ・・・笑
正直、最近この人の曲・・・という聴き方をしないので他には「ない」です。
(ちょっちカッコいい・・・)

って正直、「ウトイ」だけです笑

あっ、abingdon boys schoolを狙って聴いているような・・・。
熱い曲?好きです。笑

そんなお笑い者がPerfumeに(自爆)



>いやぁ、でも、あ~ちゃんの声甘いですよね。
・・・
>最初はイラっと来ましたが、今はなぜかお気に入りです。
>Perfumeの中毒性は、理解不能、説明不能、制御不能で困ります。

最初はイラっと来ましたか・・・(私はそこまでは・・・笑)
やはり、最初のイメージで曲の評価を決めてしまいがちですが、
ヤスカタ氏の曲は最初?な曲が、のちのち名曲に聞こえてくる不思議さもありますよね。
私の具体的な感覚例では、love the world がそう。
さいしょは「なんじゃこりゃぁぁああ」でしたが、今ではこの曲「凄い」と思ってます。

ああ、Perfumeだからこその相乗効果だと思いますが、印象が180度変わる魔力?があると思います。

(説明うまくできんから・・・魔力とか凄いとか・・・小学生かよorz)


>でも、ポリリズムはやっぱりいい曲なので、Tourで外さないでほしい!
>> ポリリズムもけっこう甘いな・・・これには触れないでおこう。(ツッコミ厳禁)
>とーてーもーだーいーじーなーって、甘いですよね、そういえば。。

ポリリズムは「名曲」
以上、他の話はいっさいいらない汗

新曲が増えるということは、過去の名曲たちの披露が減るということ・・・
これが唯一の問題点ですね。(贅沢な問題点になってきてますよね。)

>きっとい~なくんも「Zero Gravity」の甘さが
>だんだん好きになるきになる好きになるでしょう。

しばらく、⊿聴いてなかったので、もうちょっとご猶予を・・・あせあせ。


>>ただあのケーキのシーン・・・
>激しく同意。
>あの状況で咄嗟にあの言葉でるって、、、恐るべし、20歳!です。

MIKIKO先生もそうですし、あの3人の基礎を育てたと思われるアクターズスクール・・・
へたに塾に行かせるより良いのかもしれませんね。
まあ、3人の親御さんもリッパな方だと思いますが。
ただ・・・あ~ちゃんが特にそうで2人もそう育ったという気もします。

友達が一番大事かもしれませんね。
のっちがそうですよね、あ~ちゃんなら誰でも友達になりたいと思うとコメントしたり。
(このコメントの内容・・・凄くないですか?)


>人間的魅力、まさしくそうです。
>アイドルの場合はふつう外見的魅力が大きな要素ですが、3人の場合は人間的魅力の占める割合が相対的に大きいですよね。特に、あ~ちゃんの気立てのよさ、素直さ、ユーモアのセンス、一所懸命さは、見る者の心をつかんで離しません。ノックアウト。

ですよね。
特に大きなのは素直さかもしれませんが、ユーモアのセンスも大きいですよね。
ユーモアがあるので、より輝るというか個々の要素が浮き出るというか・・・

のっちの、「あの」キャラの設立?も凄いですね笑。
漢というか残念というかテキトーというかレディースというか・・・
でも「素直いい子」という面がいっそう際立つ不思議さ笑

でもって、かしゆかが衣装も含めて小悪魔なんだけど・・・この2人の間だと
「普通(小悪魔ではない良い意味で)の女の子」にも見える・・・

人間的魅力が見えてくるのがPerfume3人ですね。


おっと唐突に用ができたので中途半端ですがこれにて失礼。(いつもか笑)

ゆうこ

[ 編集 ] 2009/07/31(金) 00:12:20

> おそレスコメです。(ごめん)
律儀ない~なくんは、きっと良い方なんだろうなーって思ってます。

> 正直、最近この人の曲・・・という聴き方をしないので他には「ない」です。
> (ちょっちカッコいい・・・)
ここ↑↑↑↑↑↑↑、突っ込んでいいですか?
いや、流しておきますねw

> あっ、abingdon boys schoolを狙って聴いているような・・・。
> 熱い曲?好きです。笑
初めて聞きました。
ポルノっぽいですね、ポルノ好きなので、割と好きかも。
もう少しYoutubeで聞いてみますね。

> ヤスカタ氏の曲は最初?な曲が、のちのち名曲に聞こえてくる不思議さもありますよね。
> 私の具体的な感覚例では、love the world がそう。
> さいしょは「なんじゃこりゃぁぁああ」でしたが、今ではこの曲「凄い」と思ってます。

激しく同意。
実は私、Hey Hey Heyの収録で、love the worldをフライングして聞いたのですが、
(ちょっと自慢)
えー残念、、、って思いました。しかーし、今ではホント、名曲だと思ってます。

> (説明うまくできんから・・・魔力とか凄いとか・・・小学生かよorz)
ボケ突っ込みはい~なくんの魅力ですw

> 新曲が増えるということは、過去の名曲たちの披露が減るということ・・・
> これが唯一の問題点ですね。(贅沢な問題点になってきてますよね。)

インタビューで、あ~ちゃんもいつも悩むと言ってました。。。
PSPSもやらなくなるのかなぁ、とか、エレワは復活して欲しいなぁ、とか、
心配でなりません。

> まあ、3人の親御さんもリッパな方だと思いますが。
> ただ・・・あ~ちゃんが特にそうで2人もそう育ったという気もします。
> 友達が一番大事かもしれませんね。
> のっちがそうですよね、あ~ちゃんなら誰でも友達になりたいと思うとコメントしたり。
> (このコメントの内容・・・凄くないですか?)
うんうん!!これまた激しく同意。

> 漢というか残念というかテキトーというかレディースというか・・・
> でも「素直いい子」という面がいっそう際立つ不思議さ笑
大笑い!!!

> 人間的魅力が見えてくるのがPerfume3人ですね。
> おっと唐突に用ができたので中途半端ですがこれにて失礼。(いつもか笑)

何気にうまくまとめてますよねw
なんか、芸人っぽいです、い~なくん。
いつもお忙しそうですが、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

い~なくん

[ 編集 ] 2009/08/01(土) 18:19:49

悪い子、い~なくんです。
ちょっち補足的な個人的レスコメを。全部スルーで笑

>> あっ、abingdon boys schoolを狙って聴いているような・・・。
>初めて聞きました。
>ポルノっぽいですね、ポルノ好きなので、割と好きかも。
>もう少しYoutubeで聞いてみますね。

えっ、abingdon boys schoolって意外と無名?
えっとT.M.Revolutionの西川貴教が歌っているから有名かと思ってました。汗
もともとT.M.Revolutionの「resonance」というアニメ曲(世界観のマッチングがよい)が好きで、abingdon boys schoolになってもアニメ曲(HOWLING など)が多いですね。
(最近のアニメはついて行けないなので曲だけ笑)

尾崎豊 命ですが、意外とアニメ曲の熱いの好きです。笑

あとは、世界名作劇場のアンネットとルーシーの曲も好きです!!!
(熱い・・・ん・・・・んっ?)

って尾崎豊から、えらく脱線したような・・・
(せっかくのカッコよさが台無しになっちゃったじゃないですか・・・ ?)


>実は私、Hey Hey Heyの収録で、love the worldをフライングして聞いたのですが、
>(ちょっと自慢)

うっ、じ・・・自ま・・・・ うっううううううらやましくなんかないもん!!!!!(涎)
え~(平静をよそおう)
たしかに最初は曲は残念で、ダンスと紅白の衣装で目を引いた感じがしました。(紅白歌合戦はこの曲?って思いました汗)
でも・・・後になって「新たな魅力」を感じさせる「凄い曲」でしたね。
(凄い曲・・・この言い回し結構気に入ってる笑)

>インタビューで、あ~ちゃんもいつも悩むと言ってました。。。
>PSPSもやらなくなるのかなぁ、とか、エレワは復活して欲しいなぁ、とか、
>心配でなりません。

ああやっぱり・・・
GAMEや⊿の曲もいいのですが、それ以前の曲もほんといいですからね・・・。
その当時はその本当の良さまで分かってなかったけど、新曲が出るたびにどんどん「その」良さに気づかされるような気もします。
ちょい聴きだと浅いようでも、深いですね・・・なんなんだPerfumeって?
(売れるまで時間がかかるくらい気づきにくいのが欠点か笑)

>何気にうまくまとめてますよねw
>なんか、芸人っぽいです、い~なくん。
>いつもお忙しそうですが、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

えっ、この支離滅裂文が笑
(理解されるまで、数年を要すると思ったがすぐに良さに気づく人がいるとは・・・お主できるな・・・My真相心理 ウソw)

芸人? ただの 田舎ものです。(ふっ)

ご、ご心配ありがとうございます。(硬いな・・・)
お互い、健康に留意しましょう! ライブのためにも!?

ゆうこ

[ 編集 ] 2009/08/03(月) 14:00:17

> ちょっち補足的な個人的レスコメを。全部スルーで笑
ということで、とりとめもないのでほぼ全部スルーで(笑)

い~なくんはツアー参戦されないんでしたっけ?
ナカムラはひめぎんまで2週間を切って、もう、興奮が止まりません。
ワクワクドキドキデヘデヘ。

> (理解されるまで、数年を要すると思ったがすぐに良さに気づく人がいるとは・・・お主できるな・・・My真相心理 ウソw)
爆笑!
ひとりコント、これからも楽しみにしてます。

> 芸人? ただの 田舎ものです。(ふっ)
どっちらへんなんですか?

> お互い、健康に留意しましょう! ライブのためにも!?
ですねー♪

い~なくん

[ 編集 ] 2009/08/04(火) 02:34:44

全部スルーって言ったのに笑

ツアーは時期的時間的な関係もあって無理なのです。(涙)
とりあえず8/15の広島を考えてました・・・広島人ですので(ぽっ)
ま、戸田に続いて激戦区らしいのでもともと無理だったでしょうけど。

普段、あまり広島が激戦になることはあまり聞いたことないですが、
まぁ3人のゆかりの地(会場も)だから仕方ないですよね・・・。
今回、四国がなかったことや沖縄組も多そうですし・・・。
戸田と広島は2DAYSでも良かったような気がする。

って今回、かなり3人に負担が大きいような気がしますので十分なツアーだと思います!(ほんと心配)

3人には気張らずに、フリーダムに、くつろいで(?)テキトーに(?)ゆる~く(?)頑張って欲しいと思います。

ツアー参加されるかたには、いつも以上に、名前を呼んであげて欲しいと思います。
とくにひめぎん参加でうかれている人!(そこのYou!) 失敬w
(さりげなく要望につないでるな・・・命令?使命?掟?笑)

では、私の分まで楽しんで(正確には頑張って?)下さいませ。
(DVD出ますよね??? 出ないと もみじ饅頭の刑じゃ!)

ゆうこ

[ 編集 ] 2009/08/06(木) 17:09:37

>ツアー参加されるかたには、いつも以上に、名前を呼んであげて欲しいと思います。
>とくにひめぎん参加でうかれている人!(そこのYou!) 失敬w
>(さりげなく要望につないでるな・・・命令?使命?掟?笑)

Perfumeファンの掟ですね!
気が狂ったようにあ~ちゃんの名前を呼び続けるでしょう。
旧コールよろしく、歌唱の邪魔にはならないように気を付けますw

>では、私の分まで楽しんで(正確には頑張って?)下さいませ。

もうぅー存分に楽しんできます♪
ひめぎんまでLiveのレビューやセットリストは見ません!!

-

[ 編集 ] 2009/09/30(水) 21:20:57

遅まきながら、Zero Gravity評、大賛成です!!!

⊿といえば Zero Gravity です。 ほとんどこれしか聴きません・・・って、まずいかな。

すいません、50過ぎのオヤジなもんでワガママな聴き方しかしません。

Perfume&ヤスタカ(まとめてPerfume)にとって重要な試作品のような気がします。

Perfumeの次なる可能性を感じます。


これだけメンバーそれぞれの個性が認知されてきた中で、この曲はPerfumeの新しい可能性を

unagi

[ 編集 ] 2009/09/30(水) 21:34:29

50杉のおやじです。

投稿であたふたしたら上のようなアリサマでした。

ナカムラさんが女性だってこともろくに確かめず、いま気づいて感動したりしてます。

ゆうこ

[ 編集 ] 2009/10/01(木) 13:32:17

unagiさんへ
コメントありがとうございます★

>遅まきながら、Zero Gravity評、大賛成です!!!
ありがとうございます!!!
ナカムラ、いまだに通しで聞いていても、ここでリピートしちゃうんですw

>⊿といえば Zero Gravity です。 ほとんどこれしか聴きません・・・って、まずいかな。
まずくありません。まんべんなくどの曲も好き、というより、この曲だけが死ぬほど好き、
という方が、トータルで見て想いは強いです(笑)

>すいません、50過ぎのオヤジなもんでワガママな聴き方しかしません。
おおっ!
現在確認できる「大人Perfumeファン」の方で、50代は初めてです!
かっこいい!!

まだまだちょんちょろりんの30代ですが、よろしくお願いしますっ!

>Perfume&ヤスタカ(まとめてPerfume)にとって重要な試作品のような気がします。
今回のAlbumでPerfumeファンをやめたかたもいらっしゃったと思います。
そういう意味では、非常にチャレンジだったと思います。
あ~ちゃんは、そこらへんも含めて、ナイーブになっていたと推測します。

>Perfumeの次なる可能性を感じます。
ですよね!
私はもっともっと、チャレンジしてほしいと思うと同時に、
やっぱり、PSPSやエレワっぽい曲はもう出てこないのかなぁ、とさみしい気持にもなります。

> ナカムラさんが女性だってこともろくに確かめず、いま気づいて感動したりしてます。
Perfumeファンはやっぱり女性が少ないからでしょうか。。。
なかなか女性のPerfume友達ができないんですよ。。。

unagiさんは、横浜アリーナ行かれますか?
29日、30日参戦予定ですので、ぜひ30代以上限定まったり飲み会、参加してください♪
そのうち詳細出します(ゆる~い会なのです。。。)

[ 編集 ] 2014/06/02(月) 12:19:34

perfumeの「あーちゃん」は、かわいぶっているし出しゃばっているしきらい

ゆうこ

[ 編集 ] 2014/06/02(月) 21:45:45

?さんへ
コメントありがとうございます★

> perfumeの「あーちゃん」は、かわいぶっているし出しゃばっているしきらい

中村もたまにうわやり過ぎって思う事があります(笑)
だから、ファンじゃない方は、そりゃぁ、ドン引きでしょうね!











管理者にだけ表示を許可する
http://yukonaka.blog47.fc2.com/tb.php/45-9b3b3220
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。