Perfume★あ~ちゃんが心配@ロッキンジャパン

カテゴリー: あ~ちゃん!


ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2009年 07月号

皆さんもう読みましたか?

ニューアルバムトライアングルについて、その内容を窺い知ることができます。


ポリリズム以降のシングルは、どこか大衆になびいた様な、

万人ウケを狙ったようなイメージが、ワタクシ中村にはありましたが、

このアルバムはそれを大いに裏切ってくれそうな予感です。



amazonで初回限定版が売り切れて焦っている人はご心配なく。

タワレコで買えます。

トライアングル [CD+DVD]<初回生産限定盤>






そして、そして、あ~ちゃんのことがすごく心配になります。

代々木でのあ~ちゃんの衝撃的な自白についても、コメントがあります。

あ~ちゃん:言う必要なかったと思うんですけど、嘘つきたくないからそう言ったんですけど。だからいろんな気持ちになって泣きそうになって

あ~ちゃん:シングルのリリースって、すごい辛いときがあって。これって何でリリースしてんだっけ?みたいな。ライブが無いと忘れちゃうんですよ。


ワンルームディスコのリリースの時だって言ってましたね。
#この曲本当にいい曲なのかな、と言った時、中田ヤスタカは関係者席で大笑いしてたとか(笑)


こういう、ライブがなくて、お客さんの声を直に感じられなくてつらかった、

それだけなら、いいんです。全国ツアーで皆に嫌というほど感じられますから(笑)


でも、Perfumeであること自体、Perfumeが大きくなりすぎたこと自体が、

あ~ちゃんを苦しめていることが、伝わってきて、つらい。

あ~ちゃん:だって人間なんだもん。遊びたいし、自分のやりたいことしたいっていうことです。これが全て、Perfumeが大きくなったり、いろんな人に見てもらえたりする機会だって分かってる、だから「やります、やらせていただきます」なんだけど、それが毎日毎日になると・・・。

最後の方では、のっちに噛み付いたり、いつもは爽やかな(?)自虐ネタが、

今回はとても毒づいているように聞こえて、胸が痛くなります。

あ~ちゃん:あの中田様が私たちにまた曲を下さるのですね、見捨てないでいただいてどうもありがとうございます。またがんばりますって、普通にそういう気持ちです。こんないい曲をPerfumeに書いてくれた!っていう。CapsuleではなくPerfumeに下さった!っていう


Fan Service Bitterの頃は、ただただ、この場でPerformanceできることが幸せ!

それしか伝わってこなかった。

武道館では、ここまで来れたことに対する、みんなへの感謝の気持ちと喜びしか、

伝わってこなかった。


代々木はどうだっただろう。

大きくなりすぎたPerfumeという重圧、この人気がいつまでも続くわけないだろうという焦り、

自分達の意思では何も決められず、稼ぐ「お人形」になっていくことへの不安。

悲痛なまでの3人の、あ~ちゃんの葛藤が伝わってこなかっただろうか?


一人でも多くの人にPerfumeを知ってもらいたい、振り向いてもらいたい。

それを原動力としてきた彼女達には、新しい原動力必要だ。

もうみんながPerfumeを知っていて、振り向くどころか追いかけているのだから。

彼女達ですら、Perfumeに置いていかれないように、必死なのかもしれない。


「Perfumeの掟」は皮肉としてのPerformanceだった。

3人が自分という操り人形を自分で動かしているイメージがしたが、

今は、自分達が操り人形になりきってしまって、

「Team Perfume」に操られているだけだと感じたとしても、しょうがないかもしれない。



せめて「Perfumeがこの3人でなければならない絶対的な理由」

があれば思うけれども、作詞、作曲、振り付け、演出、何一つやっておらず、

声すらエフェクトが強くかけられて、

あ~ちゃん:ああ、でもだれでもいいんですよ

この3人でなければならない理由が見つからない。


でも、私たちはこう思いますよね。

「SEVENTH HEAVEN」や「願い」があれだけ感動的で涙を誘うのは、

あ~ちゃん、かしゆか、のっちの3人が歌って踊るからで、

他の誰も代わりはできないし、1人も欠くことはできない。

edgeですら、かしゆかのツンデレがあってこそで(笑)、

アイドルの3人がキレキレのPerformanceするからこそ「神曲」なのだ。


Perfumeという「現象」は、体の成長に心の成長が追いつかない思春期のように、

多感な年頃の3人には辛いかもしれない。

あ~ちゃんのために、たかがファンの1人が何かできるわけでもないけれど、

ファンしか彼女達を支えることはできないのも、確かだと思う。

彼女達の苦悩は私には分からないが、ただ、ただ、ずっと応援し続けたい。

あ:レコーディングした時って、歌い分けになってないから、必ず3人がずーっと主旋を歌ってる曲になるんですよ。それとか聴いてると幸せになります。私ここにいていいんだなって思えるし、すごいめっちゃいいみたいな


そこにいて大丈夫だし、そこにいて欲しいし、あなたじゃなきゃダメなんだよ!

そんなファンの想いが、どうにか原動力の一つになってくれたら、それが私の願いだ。





最後の「やっぱあ~ちゃんだよな」は有名ですよね!

そうなんです、やっぱりあ~ちゃんなのです!
2009/06/21(日) 23:35 | trackback(0) | comment(3)
前ページ | | 次ページ

ゆうこ

[ 編集 ] 2009/06/23(火) 22:21:30

はじめまして、初コメありがとうございます★

> これほど、あ~ちゃんが深くPerfumeについて真剣に思い悩んでいるのを感じると、心配もありますがよりいっそうファンもしっかりしていかないなと奮起したくなっちゃいます。

きっとこのインタビューを読んだファンは、同じようにあ~ちゃんを心配し、そして、しっかり応援していかなきゃな、守っていかなきゃなって、思ったと思います。

少なくともいーなくんが奮起してくれるなら、ナカムラも負けずに頑張って応援します!

> ほんと、あ~ちゃんの器の大きさといいますか、包容力といいますか、ちょっと今回はそれが裏目に出ている感じですが・・・でも、ラジオやTVなどでそれらを感じさせてませんから、さすが・・・というか一応安心。

ほんと、ワンルームディスコの時、そんな様子は一切表に出さなかったですよね。
私が鈍感だったのかもしれないけど。。

> まあせめて、ライブでMCの時間を制約することなくフリーダムにぶっちゃけて発散して欲しいです。

そうですよね。フリーダムこそあ~ちゃんの良さが出ますよね。
TVでのトークも、BCLの頃の方が、もっとはっちゃけてた気がします。

> そんな弱い面も含めて・・・魅力に感じるのはなんでだろう。

ほんと、なんでこんなにあ~ちゃんに魅力を感じてしまうんでしょうね。
私はアイドルを好きになったのはこれが始めてだし、
今までファンクラブに入ったこともなかったし。

良い意味での人間くささ(あ~ちゃんも「人間だもの」って言ってるしww)と、
ドライなテクノサウンド、機械っぽい振り付けが三位一体(笑)で、
愛すべきPerfumeなんだなと思います。

>ん~ (おぃ)
>・・・なんか書き足らんけど 終わり。(あえて書く笑)

書き忘れたことがあったら、いつでもコメントくださいね。
Perfumeを語る相手が身近にいないので、
こうして語りあえる(笑)のも嬉しいので。

でわー

yasu★takahashi

[ 編集 ] 2009/11/06(金) 18:59:58

今更のコメント(笑)。

このRockin' On読みました?
僕は、Rip Slymeも大好きだから、このRockin' Onの巻頭のRipのインタビューも、結構ジックリと読んだんですが、RipSlymeが大ブレイクして、ド~ンって行った時の状況と似ているんですよ。

~本文抜粋
●メンバーが立っているところと、プロフェッショナルなスタッフがここまで行くべきだと思うところと、お客さんの温度と、この3つの温度がガタガタしてた?
PES 「だからライブだけでしたよ、実感できるのは。音楽やってて心の底から楽しいみたいに思えるのは」

ゆうこさんが言うとおり、皮肉にもPerfumeという形の人形になろうと決心したのは、他ならぬ彼女達自身で、ソレを自分たちでコントロールしてきた。だけど、今、既にPerfume自身が、自分たちでコントロール出来ない状況になっていて、Perfumeだけでなく、自身の人生にまで関わる部分を、今まであったことも無かった人たちに委ねざるを得ない、焦り、恐怖感、不安感・・・。本当に、20歳だった時の自分に置き換えるまでもなく、彼女達の背負ったものは本当に大きく重いものであることを感じます。だから、ほんとに楽しいでしょうね、直接ファンと触れ合えるライブ。私たちに出来ることは、本当に彼女達を見捨てず、応援し続けることだけなんですよ。武道館→代々木→全国ホール、アリーナツアー。行き着くところまで行き着いた感のある今だからこそ、ファンクラブとぅあーが必要なんでしょうね、今。ゆうこさんの言うとおり、ファンを見てずっと頑張ってきた彼女達だから、ファンしか彼女達を支えられないのは事実だ。だから、頑張りましょう!

おっちゃんだって、モッシュに負けません(汗)!行くぞ!ライブハウス!

ゆうこ

[ 編集 ] 2009/11/08(日) 23:32:58

yasu★takahashiさんへ
コメントありがとうございます★

>RipSlymeが大ブレイクして、ド~ンって行った時の状況と似ているんですよ。
> PES 「だからライブだけでしたよ、実感できるのは。音楽やってて心の底から楽しいみたいに思えるのは」

そうなんですね。。一流の仲間入りをする上で、越えなければいけない壁なのでしょうね。

> Perfume自身が、自分たちでコントロール出来ない状況になっていて、Perfumeだけでなく、自身の人生にまで関わる部分を、今まであったことも無かった人たちに委ねざるを得ない、焦り、恐怖感、不安感・・・。本当に、20歳だった時の自分に置き換えるまでもなく、彼女達の背負ったものは本当に大きく重いものであることを感じます。

あー、このコメントも是非ブログを乗っ取っていただき、記事にしたいっ!
ほんと、ほんと、そうなんですよね。。

>行き着くところまで行き着いた感のある今だからこそ、ファンクラブとぅあーが必要なんでしょうね、今。
まさに、彼女達が希望して実現した、ファンクラブトゥアーなんですね。
ところで、PTAのMovie見ました?
やっぱりgdgdだけど(笑)

>ファンしか彼女達を支えられないのは事実だ。だから、頑張りましょう!
> おっちゃんだって、モッシュに負けません(汗)!行くぞ!ライブハウス!

おばちゃんだって、モッシュに負けません!
今週末はDragon Ashのモッシュで鍛えてきます!

行くぞ!ライブハウス!











管理者にだけ表示を許可する
http://yukonaka.blog47.fc2.com/tb.php/32-3aeec274