Perfumeと上原ひろみの共通点

カテゴリー: Perfume論

実家でヤクルトを飲みながらAERAを読んでいて、衝撃的な文章に出会いました。
心を動かす一流のアーティストには、こんな共通点があるんですね。

■ 上原ひろみの場合

AERA11月10日号「現代の肖像」
「時間をホイップする極限のリズム ピアニスト 上原ひろみ」

【質問】 演奏中に何が起こっているのか(演奏中のオーラに触れて)

【答え】
まず細胞ありきなんです、私。
ステージに出た瞬間から私の全細胞がワーッとフル稼動してお客さんの細胞と同期する。
そのいろんな人たちのエネルギーが私に付着して一体化し、
もののけ的に出現するのが私のステージです。

【中村】 それって、Perfumeと同じじゃん!

#注 中村の突っ込みはAERAには掲載されていません。

観客の細胞+ひろみんの細胞→シンクロ→そのエネルギーが出現


Perfumeの場合

何が同じって、ライブで観客と「シンクロ」するってことです。
前回の渾身の(長ったらしい)記事において、中村が考察させて頂いた件。

Perfumeと東京ドームとナカムラ
http://yukonaka.blog47.fc2.com/blog-entry-221.html

【質問】 ライブにおける3人の魅力、実力、努力の賜物って、何なんだろう。

【答え】
ライブにおけるの3人の実力とは、その背景に流れる3人のストーリーを介した、
3人の心と観客の心の、高いシンクロ率、そしてそこから生まれる多幸感なのだ。

【中村】 それって、上原ひろみと同じじゃん!

観客のココロの粒子+Perfumeのココロの粒子→シンクロ→多幸感の放出


一流のミュージシャン、或いは秀逸なアートもそうだと思うが、
観る人との「シンクロ」という行為をその人なりの方法で実現しているのだろう。
それを自分のパワー、魅力に取り込んでしまうのだ。

どんなに歌が上手くても、どんなに演奏が上手くても、どんなに踊りが上手でも、
そのシンクロ手段を持たない限り、人の心を打つことはできない。

そして、それはCDを聴くだけでは獲得することのできない「体験」だから、
私達は同じ内容でも何度も聴きに行ってしまうのだ。


■ 中村ゆうこの場合…

どうせなんで、一つ遊んでみました。

【質問】 ブログにおける中村ゆうこの魅力ってなんだろう。

【答え】
正直、文章は気持ちばっかり前に行っちゃって冗長、
かつ音楽に造詣の浅い中村ゆうこの表現は、「わー」「きゃー」に始終し、
結論は「あー楽しかった」で終わりがちで、魅力的とは言い難い。

しかし、Perfumeが大好き、という一点において、
常に皆さまの心とシンクロし、そこから生まれるクレイジーで楽しい感じ♪
が、魅力的なのである。と自分で言ってみる(笑)

【中村】 きゃー、それってPerfumeと同じじゃん!←これが言いたかった(笑)

皆さまのPerfuem愛+中村のPerfuem愛→シンクロ→超楽しいー☆


ということで、今後ともどうぞよろしくシンクロ願います♪
2010/11/20(土) 08:43 | trackback(0) | comment(10)
前ページ | | 次ページ

ぱふゅ~み

[ 編集 ] 2010/11/22(月) 06:19:20

ゆうこさんの魅力を一言で言うのは難しいですが、
これだけあ~ちゃんに萌える30代女性は
日本中探しても居ないと思います。

「ナチュ会in東京」は参加してもらえるなら
ぜひ参加表明をお願いします。

宣伝は詳細が決まってからでもいいので
お願いします。

皆さんと心のシンクロしましょう!

ゾエ

[ 編集 ] 2010/11/22(月) 07:08:31

ども!

ゆうこさんのブログはいつも楽しく読ませてもらってます。

「結論は「あー楽しかった」」
結局、これなんですよね。みんなの「あー楽しい」という気持ちがシンクロしてるので、凄く気持ちいい「あー楽しかった」になって、ライブに通うことになる気がしてます。
その「あー楽しかった」ことをストレートに表現してくれるゆうこさんのブログを読みながら、楽しさを思い出しつつ、うれしい、いい気分にいつもなります。

次回は、年末、CDJでシンクロしに行きますので、そのときはよろしく!

ところで
>全細胞がワーッとフル稼動してお客さんの細胞と同期する
を読んだ時、真っ先「物体X」を思い浮かべてしまった自分は、、、だめですねw

ゾエでした!

shirakata

[ 編集 ] 2010/11/22(月) 21:17:17

こんばんは、初めてコメントさせていただきます。

最近になって偶然こちらのブログを発見し、ちょこちょこと読ませて頂いています。

私は、2008年5月頃から、深夜に窓を開けて「Perfume最高ー!」と叫びたくなるくらいの衝動を感じている、いい大人の洋楽ロック系ファンのオヤジです。

ゆうこさんの前回からの記事、Perfumeの魅力についての考察を興味深く且つ、一々そのとおりっ!
と頷きながら拝見しました。

私が個人的にPerfumeに感じている魅力は、感覚的に、

①先鋭的な良い楽曲
②ダンスパフォーマンス
③彼女達のヒストリー

の三点です。
ただ、この三つの魅力が、危ういバランスの上に奇跡的に形作られた結晶である点に危惧も感じていました。
ですが、ゆうこさんの記事を見て、それは杞憂ではないか、と思うようになってきました。

これからもPerfumeの未来を信じて、彼女達を応援していきたいと思います。

長文失礼しました。

リョウ

[ 編集 ] 2010/11/23(火) 15:39:00

ども。

私の場合って話で・・・(支離滅裂かもしれませんがご容赦のほどを)

私の基本的に、ライブがダメなアーティストは好きになれません。
CDの楽曲がどんなによかったとしてもです。

音は録音技術が発達した今や、多くのテイクからいい一音を拾って
「つぎはぎ」することが可能なので。
ましてや「売上至上主義」の匂いの感じるのは見向きもしません。

何故ライブ重視か??

答えは単純で、その場、記録媒体に残ることはない己の記憶に
いかに刻まれるかという One Night Stand で閉ざされた空間で
共有できる、多幸感にほかなりません。

Perfumeについては、入りはGAMEでしたが、直感で
「ライブ行かなくっちゃ」でした。
んで、そんときはすでにGAME TOURのチケットはSOLD OUT
慌ててBitter買って、以来の中毒なわけですが・・・

「多幸感」ってなんだろうってことですが、それは、
・ アーティストと同じ時間を共有して、パフォーマンスに参加できていること
・ 時間を作り上げている共有感
・ オーディエンスとパフォーマーが同じベクトルを向いている共有感

だと思っています。

過去・現在とライブに通い続けている浜田省吾・HOUND DOG
(今はケンカ別れで残念ですが・・・)等、今ならば、Superfly、木村カエラ姉さん・・・
共通してることは、とても居心地のいい時間を共有させてもらえると
いう一点につきます。

Perfumeが好きなところは、前にも書いたかと思いますが、根底の
部分で、徹底的にスピリットの部分で
「ライブ志向のRockアーティスト」であって、
Team Perfumeも事務所も今は、その方向性にブレがないところ。

これからも、「多幸感」という快感を得るために、ライブは通い続けると思います。




ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/25(木) 23:55:09

ぱふゅ~みさんへ
コメントありがとうございます★

> ゆうこさんの魅力を一言で言うのは難しいですが、
> これだけあ~ちゃんに萌える30代女性は
> 日本中探しても居ないと思います。

すみません、これ、喜んでいいんですか?
それとも、悲しむべきでしょうか?
複雑な心境ですが、名誉にだけは思います。

> 「ナチュ会in東京」は参加してもらえるなら
> ぜひ参加表明をお願いします。
はーい!
表明しますね。

> 宣伝は詳細が決まってからでもいいので
> お願いします。

みなさーん、29日は新宿で名古屋勢を迎え撃ちますよー!
という感じで改めて宣伝しますね~。

> 皆さんと心のシンクロしましょう!
シンクロしましょう!

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/26(金) 18:50:46

ゾエさんへ
コメントありがとうございます★

> ども!
どもっ!

> 結局、これなんですよね。みんなの「あー楽しい」という気持ちがシンクロしてるので、
凄く気持ちいい「あー楽しかった」になって、ライブに通うことになる気がしてます。

あー、もう、くだくだうだうだ書きましたが、結局ここに行き着きますね♪

> その「あー楽しかった」ことをストレートに表現してくれる
ゆうこさんのブログを読みながら、楽しさを思い出しつつ、うれしい、いい気分にいつもなります。
いい気分って、読むと、セブンスヘブンいい気分、ばかりが気になってしまいますが、
こんなストレートすぎる擬態語、擬音語たっぷりのブログを楽しんで頂けるなんて、、、嬉しいですーわー!

> 次回は、年末、CDJでシンクロしに行きますので、そのときはよろしく!
今年もまたシンクロしましょう♪
そして、また、ビールを飲みましょう♪
楽しみですね!

> ところで
> >全細胞がワーッとフル稼動してお客さんの細胞と同期する
> を読んだ時、真っ先「物体X」を思い浮かべてしまった自分は、、、だめですねw
はい、だめ認定(笑)
ちょっと古いし(笑)

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/28(日) 11:36:18

shirakataさんへ
コメントありがとうございます★

> こんばんは、初めてコメントさせていただきます。
初めまして!そして、返信が遅くなってしまってごめんなさい。。。

> 最近になって偶然こちらのブログを発見し、ちょこちょこと読ませて頂いています。
ありがとうございます★
更新もちょこちょこなので、またちょこちょこいらしてくださいませ!

> 私は、2008年5月頃から、深夜に窓を開けて「Perfume最高ー!」と叫びたくなるくらいの衝動を感じている、いい大人の洋楽ロック系ファンのオヤジです。

爆笑wwwwwwwwww
いいセンスされてますねぇ。
洋楽ロック系ですか! 私も大好きです!(いや、80年代頃大好きでした、かな。。)

> ゆうこさんの前回からの記事、Perfumeの魅力についての考察を興味深く且つ、一々そのとおりっ!
> と頷きながら拝見しました。
わーありがとうございます☆

> 私が個人的にPerfumeに感じている魅力は、感覚的に、
>
> ①先鋭的な良い楽曲
> ②ダンスパフォーマンス
> ③彼女達のヒストリー

記念すべき最初のブログ記事で、ほぼ同じことを書いております!!
なんだか嬉しいです~。
http://yukonaka.blog47.fc2.com/blog-entry-1.html

①とにかく曲がいい
②応援したくなるストーリーがある
③ダンスとライブでのトーク

> ただ、この三つの魅力が、危ういバランスの上に奇跡的に形作られた結晶である点に危惧も感じていました。
> ですが、ゆうこさんの記事を見て、それは杞憂ではないか、と思うようになってきました。

私も危うい、偶然的な奇跡だと思っていましたが、これは彼女たちが築いた奇跡なので、大丈夫と思うようになりました!

> これからもPerfumeの未来を信じて、彼女達を応援していきたいと思います。
私も信じてます!一緒に応援していきましょう♪

> 長文失礼しました。
ここのブログのコメントにしては、短い方です(笑)
皆様、記事より長いコメントを下さったりするので、まだまだ甘いです(笑)

またお手すきの折りにお立ちよりくださいませ★

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/28(日) 11:39:24

リョウさんへ
コメントありがとうございます★

> 私の基本的に、ライブがダメなアーティストは好きになれません。
> CDの楽曲がどんなによかったとしてもです。
そうなんですね~。
今までライブは全然行ってなかったので、ここに来てライブの意味が分かりましたよ。。確かに!

> 何故ライブ重視か??
> 答えは単純で、その場、記録媒体に残ることはない己の記憶に
> いかに刻まれるかという One Night Stand で閉ざされた空間で
> 共有できる、多幸感にほかなりません。

おーーーカッコイイ!

> 「多幸感」ってなんだろうってことですが、それは、
> ・ アーティストと同じ時間を共有して、パフォーマンスに参加できていること
> ・ 時間を作り上げている共有感
> ・ オーディエンスとパフォーマーが同じベクトルを向いている共有感
共有するってことなんですね~。

普通にコミュニケーションをとっていても、気持ちを共有させたりしたりするのが上手な方いらっしゃいますよね。そういう方とお話していると、こっちもノリノリで楽しくなっちゃいますが、それの音楽版なのかしらん。

> これからも、「多幸感」という快感を得るために、ライブは通い続けると思います。
私も通い続けますっ!

shirakata

[ 編集 ] 2010/12/01(水) 21:25:19

ゆうこさん、コメントのお返事ありがとうございます。

私も、ゆうこさんのブログタイトルの様に、周囲にPerfumeについて語れる友人がいません。
自分のPerfumeに対する感情は何だろう、と日々悶々と自問自答してました。

そんな時、偶然こちらのブログにお邪魔して、ゆうこさんの記事を読み、
自分がPerfumeに対して抱いている気持ちを代弁してくれているように感じ、感心した次第です。

私が、Perfumeのライブに行きたくなる個人的な理由として、Perfumeが既存のエンターテイメントの概念や、音楽のジャンルの垣根を壊していくロックな様を見せ付けてくれ、受け手の既成概念を変えるエネルギーを持っている事にあります。

この事に加えて、ゆうこさんの仰るようなシンクロ感や多幸感がない交ぜになって、多くの人の心を揺さぶっているのではないかと思います。

大人Perfumeファンは皆、口を揃えた様に、自分がなぜアイドルに夢中になっているのかわからないと心情を吐露しています。
その自分自身の感情をなんとか正当化しようとブログやコメントでもがいているのも大人Perfumeファンの特徴で、私も確実にその一人です。

また、たまにお邪魔させてください。
宜しくお願いします。

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/12/04(土) 19:57:47

shirakataさんへ
コメントありがとうございます★

> ゆうこさん、コメントのお返事ありがとうございます。
こちらこそ、コメントのお返事のお返事、ありがとうございますww

> 私も、ゆうこさんのブログタイトルの様に、周囲にPerfumeについて語れる友人がいません。
あー、もう、この大人Perfumeファンは皆そんな方ばかりなので、
切々とここで語って参りましょうぞw

> 自分がPerfumeに対して抱いている気持ちを代弁してくれているように感じ、感心した次第です。
私たち大人Perfumeファンは何か通じるものがあるんですよねぇ。
Perfumeという絆の他に、そういう共通点があるから、初対面でも打ち解けられるし、楽しいのかもしれません。

> 私が、Perfumeのライブに行きたくなる個人的な理由として、Perfumeが既存のエンターテイメントの概念や、音楽のジャンルの垣根を壊していくロックな様を見せ付けてくれ、受け手の既成概念を変えるエネルギーを持っている事にあります。
ロック、まさに、ロックですね!
We will we will rock you!

> この事に加えて、ゆうこさんの仰るようなシンクロ感や多幸感がない交ぜになって、多くの人の心を揺さぶっているのではないかと思います。

そうなんですよねぇ~。
なんだか、要素っていうか、引き出しっていうか、ひっかかるところっていうか、
そういうのが満載なんですよね、Perfume。

> 大人Perfumeファンは皆、口を揃えた様に、自分がなぜアイドルに夢中になっているのかわからないと心情を吐露しています。
> その自分自身の感情をなんとか正当化しようとブログやコメントでもがいているのも大人Perfumeファンの特徴で、私も確実にその一人です。

はい、ナカムラもその一人です、確実に。
正当化、はい、そうです、それですw
たまにJazzやClassicの話題を挟むのも、
私たちはただのアイドル好きじゃないぞー、音楽がわかってるんだぞーっていう、
カムフラージュというか、権威付けとういかwwww

そういうのも含めてPerfumeが好きです。

> また、たまにお邪魔させてください。
> 宜しくお願いします。

是非にー♪
東京近辺でしたら、ぜひオフ会にも参加くださいませ!











管理者にだけ表示を許可する
http://yukonaka.blog47.fc2.com/tb.php/222-83b3f16b