スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Perfume★Fake ITレビュー

カテゴリー: 全曲レビュー:右下リスト有

バッキバキを想像していたら、意外とレトロっぽい歌謡曲的な。

ちなみに、家のPCのプレーヤーが壊れてて、まだ3回くらいしか聴けてません。
TVもCDも観れない聴けないナカムラは、よつうべだけがお友達です。


■ もつ鍋を煮込みながら 初FAKE IT!

B面くらいはCD発売までOn Airなしのほうが嬉しいですね。
CDを手に入れる時のときめきが半端なかったもん(笑)

CDをPlayerに入れて、曲が始まるまで固唾を呑んで待つって、いつぶりだろう?

PerfumeのCDを買うのは、お布施的な意味合いが非常に強いのですが、
今回は店着日が待ち遠しくて、ウキウキワクワクできました。

事前に限定でOn Airしたり、携帯からダウンロードさせたりすることで、
事務所的にはいろいろとメリットがあるのでしょうけどねぇ。

で、CDを買った後、もつ鍋を食べに行くことになっていたのですが、
その後家に帰るまでどうしても待ちきれなくて、
CD Walkmanで初FAKE ITを堪能致しました!

ぐつぐつ煮えるもつ鍋を前に、ニヤニヤしながらイヤホンを押し当てるナカムラ。
お店の方、変な客だと思っただろな。。


■ Aメロです この曲はAメロソングです!

ということで、これはイミテーションワールドなんです(?)

イミテ、サビは凡庸なんですが、Aメロが地味にいいんです。
4小節ごとのコード進行が単純で、ボーカルも抑え気味な繰り返しで華やかさなし。

でも、そのコードの気持ち良い連なりに、地味なボーカルもその一音として連なり、
ナカムラの音楽の琴線に触れるんです。なぜだか分からんが。

あの、唐突ですが、バッハ好きでイミテ好きな方いらっしゃいません?
それも、協奏曲的な大物ではなくて、ピアノとかチェロの単品モノ。

無理やりな気が大いにするんですが、あの、なんて言ったらいいんでしょうねぇ。
琴線に触れる感じが近いんですよ。。って説明になってませんね。

複雑な音や速度やビートや何かしらのインパクトではなく、
音の組み合わせ、連なりを聴かせる感じで、その心地よさが近い、のかなぁ。

で、FAKE ITを初めて聴いたとき、Aメロばっかり残っちゃった的な、
Aメロが激しく好きだ的な、Aメロが好き過ぎるってことは=イミテ的な、FAKE IT。


■ 「FAKE IT」と間奏が好き

カッコ良い、CoolなFAKE ITではなくて、
あくまでベタな、少し幼さが残る日本語的3人のフェイクイット。

入るタイミングといい、テンポといい、良いっ!
サビのちょっとダサレトロな感じ(褒めてます)を、
うまーく留めてますよね。

この部分の振り付け、恐らく、屍累々系になるのでは、と妄想してニヤニヤ。

あと、前奏→サビ→の後の間奏が好きです。
VOICEもそうだけど、Aメロ前のヤスタカの音の作り方、好きです。
ただ、前奏は、ワンコ的で、あまり好きじゃないんですが。
それと、無音部分からサビに入るところは、もう少し何か欲しかったなあ。


■ CDJでのPerformanceは期待しちゃだめですか? &写真

行きます、とにかく行きますCDJ。
Performanceで、またまた好きになること請け合いですから。
きっとやってくれる、、、、いや、次のツアーかな、そうだよね。。。

これってツンデレ系のゆかちゃんソングですよね。
限定版の写真の左から3番目のゆかちゃん。
こんな感じの表情で、FAKE IT、されて萌え倒れたい。

ま、何より激しくリズムに揺られたいです。
揺られるというより、会場を揺らすほど踊り狂いたいです。

ちなみに初回版の写真ですが、のっちが3枚とも神がかり的に美人でいい。
あ~ちゃんは一番右の表情が、無邪気な天使らしくていい。

でも、今回はゆかちゃんが圧勝。
真ん中が一番キレイだけれど、右側の方は女王様っぽくていい。
萌え~。


しばらく燃え尽きる予定だったのですが、燃え尽きているヒマがない(笑)
皆様からのコメント、楽しく拝見しております。ありがとうございます。
ゆっくりですが、返信させてください。
2010/11/10(水) 21:18 | trackback(0) | comment(20)
前ページ | | 次ページ

リョウ

[ 編集 ] 2010/11/10(水) 21:56:33

さっそくレビューありがとうございます。

今回”FAKE IT"をどう解釈していいもんか、非常に困惑してまして。

それもこれも、あ~ちゃんのLOCKSでの
「曲間が最高」・「ツンデレ・デレツン」 ↓ の5:00あたりから
http://www.youtube.com/user/naturalbeautybeast#p/a/u/0/qRVVOwkJh_Y

「曲間が最高・続けて聴いて欲しい」
確かに、オープニングのシンセ音は「ねぇ」の連呼のように聴こえる・・・

歌詞の女の子って
「興味をひきたくて」・「距離をつめて」とか、とても冷静に戦略的で
しかも攻撃的。
いままでの、遠くからみていて「願いが叶うならとろけて死んでもいい」的な
感じはなく、”肉食的”だし・・・

これって、「ねぇ」の女の子のダークサイドの心理なんかなぁ???

レトロな雰囲気はそんな匂いはプンプンしますね。
「フェイク・イット」とはっきり日本語発音ですし、
ウラ遅れ気味のVo.
テンポピッチの若干の後ろがかり気味な
”ドン・ドン・ドン・パ・パ・ズンチャカ・ズンチャカ”的なちょと、
スカビート気味な拍子感も。
(上手く言えてない・・・すんません)

ま。こうやって色々想像できるのが醍醐味だったりしますが、
ネ申ystk氏の答えも聞いてみたい気もします・・・

ちす

[ 編集 ] 2010/11/10(水) 23:24:25

2回目のコメントです。FAKE IT聞きましたよ。中村さんが言いたいことがなんとなく解るような。個人的にはAメロに類似点を感じるのは、ユーリズミックスのSWEET DREAMのサビメロと、LA BOUCHEのBE MY LOVERのサビメロあたりでしょうか。テンポとバスドラの雰囲気はwinkの寂しい熱帯魚ですね。邪魔しないで~タイミングの下りの掛け合い風は定番ながら、僕はI Want it that wayあたりを思い出しますね。まあいろんな要素が絡んで良い具合に仕上がったと思います。好きですね今回も。

yasu★takahashi

[ 編集 ] 2010/11/11(木) 01:21:19

こんにちは。
うちも、ようやくCD到着しました。
「FAKE IT」、その言葉の響きからして、勝手に「edge」路線と思っていたのですが、歌謡曲ベースでしたね。
っていっても、「Night Flight」のようなYMOベースの80年代テクノ歌謡じゃなくて、Wink風90年代ユーロビート歌謡。
インパクトのあるフレーズの韻を合わせて繰り返すのは糸井重里風。
ちすさんのレビューになるほどって思いました。
音の重ね方とか雰囲気は、自分はWink「真夏のトレモロ」をイメージしてしまいました。

ZE-A-MI

[ 編集 ] 2010/11/11(木) 23:16:35

遅ればせながら東京ドームライブ&大人の集いお疲れさまでした。人数も
さることながらPerfumeより若い18歳のケイさん~最年長5?歳のnabetiti
さんまでその差約3倍の幅広い年齢層に圧倒されました(笑)。ひさびさに
常連の皆様ともお会いできて楽しかったです♪ありがとうございました。

>> あの、唐突ですが、バッハ好きでイミテ好きな方いらっしゃいません?
>> それも、協奏曲的な大物ではなくて、ピアノとかチェロの単品モノ。

はいここに一名(私です)。

>> 4小節ごとのコード進行が単純で、ボーカルも抑え気味な繰り返しで
>> 華やかさなし。
>>
>> でも、そのコードの気持ち良い連なりに、地味なボーカルもその一音
>> として連なり、
>> ナカムラの音楽の琴線に触れるんです。なぜだか分からんが。

同じく無理やりな気が大いにするんですが私も西洋音楽でいうところの
対位法的な美しさにバッハとPerfumeの共通点みたいなものを感じますね。

対位法というのは独立した複数の旋律をうまく調和させながら重ね合わせる
作曲技法のことで例えば同じ旋律を1小節ずつずらして演奏していっても
楽曲が破綻しないカノンは対位法的に優れた作品だということができます。

楽曲のどの瞬間を切り取ってもそのときの各パートの音が決まった調性に
沿った協和音になっているのが対位法の基本(これはどちらかというと和声法
の話かもしれませんが)ですが協和音ばかりだと面白くないので時々わざと
不協和音を混ぜて(異なるパートの音が衝突するようにして)一時的な緊張感・
不安感を演出したりします。こうした試みがうまく決まると個々の旋律は
平凡でも重ねた瞬間すごく美しい音楽が出現したりする。これが対位法的な
美しさです。

個人的にはこの調和と不協のバランスみたいなものが音楽の好みや琴線に
触れる感じに割と作用すると思っていて私にとってはたぶんそのさじ加減が
バッハもPerfumeもちょうどいいところに収まっている。Perfumeの楽曲が
「結構音数が多かったりノイズ系の音色が使われていたりするのにうるさく
なくそれでいて物足りなくもない」のはバッハに通じる対位法的な美しさが
備わっているからだ。と強引に結論付けてインチキ臭い解説を締めくくり
たいと思います(笑)。

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/15(月) 12:28:49

リョウさんへ
コメントありがとうございます★

> 今回”FAKE IT"をどう解釈していいもんか、非常に困惑してまして。
リョウさんは解釈派ですよね!
ナカムラは音を感じる派なので、いろいろとお伺いできるのは楽しいです!

> 歌詞の女の子って
> 「興味をひきたくて」・「距離をつめて」とか、とても冷静に戦略的で
> しかも攻撃的。
> いままでの、遠くからみていて「願いが叶うならとろけて死んでもいい」的な
> 感じはなく、”肉食的”だし・・・

最近ごく一般的な女の子の心理を表現する歌が増えましたよね。
昔は中性的だったり、中小的なものも多かったですが。
で、不自然で新しい女の子像が出てきた気がします。

> これって、「ねぇ」の女の子のダークサイドの心理なんかなぁ???
おー。そうきますかー。

> レトロな雰囲気はそんな匂いはプンプンしますね。
> 「フェイク・イット」とはっきり日本語発音ですし、
> ウラ遅れ気味のVo.

ふぇいくいっ、って感じですよね。
なんかこの雰囲気は好きです。
ねぇもレトロっぽい感じがあって、最近のヤスタカの趣味なんですかねぇ。

> ネ申ystk氏の答えも聞いてみたい気もします・・・
ですね!

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/15(月) 13:17:16

ちすさんへ
コメントありがとうございます★

> 2回目のコメントです。
以前はカタカナだったような。。
音楽通の方という印象を持っております!

> 中村さんが言いたいことがなんとなく解るような。
こんな言葉足らず、知識足らず、理解足らずなのに、ありがたいです!

> 個人的にはAメロに類似点を感じるのは、ユーリズミックスのSWEET DREAMのサビメロと、LA BOUCHEのBE MY LOVERのサビメロあたりでしょうか。

くぅーーーっ。そうです、そういう感じなんです!そこらへんです。
えっと、スィングアウトシスターとか、そこらへんも同じな気がしてきました。
今夜はYoutube漁りナイトになりそうです。
(興奮するな、ナカムラ。)

> テンポとバスドラの雰囲気はwinkの寂しい熱帯魚ですね。
ISLUに続く、現代のWinkですね。
そうなんですよねぇ、歌謡曲っぽさがありますよね。

しかし、ナカムラがエレワの振りコピをすると、寂しい熱帯魚と言われるのが不満です。
あの、ダダッ、ダダッ、のところなんですが。
(すみません、どうでもいいことを。。。)

ナカムラは、わーとかきゃーとかばっかりで具体的な曲名が出てこないのですが、
こうやってポンポンと出して頂けると、伝わりますねぇ、もう、大満足です。
精進します!

> 邪魔しないで~タイミングの下りの掛け合い風は定番ながら、僕はI Want it that wayあたりを思い出しますね。
え、それは、Take Thatですか?
あーーーーそういえばそうですねっ!
Tell me why ~ なんとかなんとか~って辺りですよね。
(何気にCDを持っているw)

> まあいろんな要素が絡んで良い具合に仕上がったと思います。好きですね今回も。
バッキバキだからというより、それです、いろんな要素がからんで良い具合になったからでしょう。
私が今日にいたるまでFAKE ITだけ聴き続けてニヤニヤしているのは。

今の30代位の人の過去の良かった曲リストの、良かった共通項をすくい取って、
バッキバキな音で挟んで、彼女たちの甘ったるい声を乗せたら、そりゃー、もう。

いつも素敵なコメントをありがとうございます☆

ロゴダウの異星人

[ 編集 ] 2010/11/15(月) 21:19:29

>ぐつぐつ煮えるもつ鍋を前に、ニヤニヤしながらイヤホンを押し当てるナカムラ。
お店の方、変な客だと思っただろな。。

「こっ、怖い。的な」ですね、それは。

‘超豪華「10」面じゃばらジャケット仕様’
ん、もぅー、自分はもぅー相当なモノを期待しててんですけどね。。。。。
と言うか期待させる言い方ですよね?‘超豪華「10」面じゃばらジャケット仕様’。

ん、もぅー、ん、もぅー。 モー、モー。(牛か!!)
ほるっふ~。(いえ、鳩です。)

んま、個人的には、あ~ちゃんが目をつぶって腕を広げてる、
あの写真だけで超OKなんですけどね。

でもあの写真、超危険ですよ。
あの写真で等身大のパネルを作って、幼稚園の前に置いて御覧なさい!
園児がパネルにドンドン飛び込んで行きますよ。
さー、次はオジサンの番だ!!

さて、FAKE IT
巷では、「edge越え」とか「edgeと双璧をなす」とか騒がれてましたが、
「いや、それほどでも、、、」って感じでした。
中村さんの仰る通り、レトロな感じさえしますよね。

と言うか、いつもの通りystk、音詰め込み過ぎ!! 音圧高過ぎ!!
ヘッドホンで聴いてると、耳痛くなるんですけど。
もっと音に隙間空けてもGroove感出せると思うんですけど。

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/16(火) 18:48:56

yasu★takahashiさんへ
コメントありがとうございます★

> うちも、ようやくCD到着しました。
> 「FAKE IT」、その言葉の響きからして、勝手に「edge」路線と思っていたのですが、歌謡曲ベースでしたね。

かなり拍子抜けだったと、改めて今思います。
前奏の音だけではないでしょうかね。。

> っていっても、「Night Flight」のようなYMOベースの80年代テクノ歌謡じゃなくて、Wink風90年代ユーロビート歌謡。
そうそう、より歌謡曲っていうか、日本人になじみのある音とリズムですよね。

> インパクトのあるフレーズの韻を合わせて繰り返すのは糸井重里風。
おぉ。糸井重里かぁー。さすが。

> ちすさんのレビューになるほどって思いました。
> 音の重ね方とか雰囲気は、自分はWink「真夏のトレモロ」をイメージしてしまいました。
真夏のトレモロが、また、マイナー(笑)

いっそのこと寂しい熱帯魚のRemixなんてどうでしょうね?

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/16(火) 18:49:59

ZE-A-MIさんへ
コメントありがとうございます★

プレもアフターもありがとうございました!
そして、オールも半強制だったような。。(笑)

> Perfumeより若い18歳のケイさん~最年長5?歳のnabetiti
> さんまでその差約3倍の幅広い年齢層に圧倒されました(笑)。

トリプルスコア、、、、数字にすると恐ろしやwww
これだけ世代の違う、住む場所も世界も違う人が、
これほどまでに一体となって楽しめてしまうところがすごいですよね♪

> >> あの、唐突ですが、バッハ好きでイミテ好きな方いらっしゃいません?
> >> それも、協奏曲的な大物ではなくて、ピアノとかチェロの単品モノ。
> はいここに一名(私です)。

まあ、ちょっと狙ってたのですが(笑)
でも、どこかにもっといらっしゃると思うんですよ。

> 同じく無理やりな気が大いにするんですが私も西洋音楽でいうところの
> 対位法的な美しさにバッハとPerfumeの共通点みたいなものを感じますね。

うーん♪
わーとかいいーとかに、こんな解説を頂けると、非常に助かります。
なんだか自分も偉くなったような気がします(笑)

> 対位法というのは独立した複数の旋律をうまく調和させながら重ね合わせる
> 作曲技法のことで例えば同じ旋律を1小節ずつずらして演奏していっても
> 楽曲が破綻しないカノンは対位法的に優れた作品だということができます。

音楽の先生みたいです!
もう難波金融道とはお呼びできないw

パッヘルベルノカノン、日本人大好きですよねぇ、私も大好きですが。
Dragon AshのGrateful Daysや、井上陽水の少年時代も、
コード進行はパッヘルベルのカノン。聴いていて心地よいわけです。
今の若者にも通じる音楽が、300年以上も前に作られていたとはっ!

> 個人的にはこの調和と不協のバランスみたいなものが音楽の好みや琴線に
> 触れる感じに割と作用すると思っていて私にとってはたぶんそのさじ加減が
> バッハもPerfumeもちょうどいいところに収まっている。

今度Perfumeについて語るとき、対位法、調和、不協和音、
この3語で偉そうに語れそうな気がしてきました!
いざ語り出したらすぐ詰まって、ZE-A-MIさーん、後はよろしく、ってなりそうですがw

> Perfumeの楽曲が
> 「結構音数が多かったりノイズ系の音色が使われていたりするのにうるさく
> なくそれでいて物足りなくもない」のはバッハに通じる対位法的な美しさが
> 備わっているからだ。

これは暗唱レベルです。皆さん暗記しておいて、なんでPerfumeが好きなの?
と聞かれた時に、さらっと言ってのけましょう。
ますます疎まれる心配も若干ありますが(笑)

> と強引に結論付けてインチキ臭い解説を締めくくり
> たいと思います(笑)。
というのをつけるのが、ZE-A-MIさんらしいですw

あ、難波金融道ではなくて、確か大人さんが言った気がするんですけど、、、
「よっ、インテリヤクザ!」
っていうのが、いいかもしれませんね(笑)
あー怒らないでくださいね。。。

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/16(火) 18:54:03

ロゴダウの異星人さんへ
コメントありがとうございます★

> >ぐつぐつ煮えるもつ鍋を前に、ニヤニヤしながらイヤホンを押し当てるナカムラ。
> 「こっ、怖い。的な」ですね、それは。
すいません、ごめんなさい、でも、Perfumeファンってばれていないと思うので、許してw

> と言うか期待させる言い方ですよね?‘超豪華「10」面じゃばらジャケット仕様’。
そう、10面っていうの、詐欺だよーーーーっ!

> ん、もぅー、ん、もぅー。 モー、モー。(牛か!!)
> ほるっふ~。(いえ、鳩です。)
うんうん、楽しいです(笑)

> んま、個人的には、あ~ちゃんが目をつぶって腕を広げてる、
> でもあの写真、超危険ですよ。
> あの写真で等身大のパネルを作って、幼稚園の前に置いて御覧なさい!
> 園児がパネルにドンドン飛び込んで行きますよ。
> さー、次はオジサンの番だ!!

どうしてこう、キモオヤジのイメージを増長するようなことを。。(笑)

> さて、FAKE IT
> 巷では、「edge越え」とか「edgeと双璧をなす」とか騒がれてましたが、
> 「いや、それほどでも、、、」って感じでした。
ですよね、、、いや、好きな曲で575を越えるヘビロテなんですけどね。

> 中村さんの仰る通り、レトロな感じさえしますよね。
レトロ、それもレトロメモリーまでいかない、小西まで行かないレトロ。
カッコイイレトロではなくて、ギリギリのレトロ!

> と言うか、いつもの通りystk、音詰め込み過ぎ!! 音圧高過ぎ!!
> ヘッドホンで聴いてると、耳痛くなるんですけど。
> もっと音に隙間空けてもGroove感出せると思うんですけど。

capsleのPlayer(アルバム)を聞いていると、
方の抜けた、心地よさを感じられるんですけど、
なんか、この曲の重いところは、あまり好きじゃないです。

でも、ほんっとにAメロが秀逸。
もう、ここだけRemixしてーーーー!

りあるに

[ 編集 ] 2010/11/17(水) 07:13:16

ねぇ/Fake IT 毎日聴いてます(挨拶)

私は音楽的知識に乏しいので感想と言うか
感じた事だけ簡潔に。

大サビの前のタイミング見計らって~でもにかけて
前半と比べて音がシンプルになっていて
ツンデレの「デレ」の部分が出たなと思いました。




あ、そうそう
酔っ払ったゆうこさん、可愛かったです(笑)

きしもと

[ 編集 ] 2010/11/18(木) 11:20:13

FAKE IT の雑感
その前に、前記事のレス。
>でしょ、でしょ!!!
あ~ちゃんの声が聞こえました。妄想は生きる力です。


久しぶりに深読みしたくなる歌詞世界に妄想全開おっさんモードで参ります。なるべく、ゆうこさんとは違う視点で。
ところで「ねぇ」の主人公、らぶらぶな彼女ではなく、ワンルームディスコの彼女のその後を描いていると解釈している私は、少し異常でしょうか?そんなおっさんのFAKE ITです。

イントロです。ノイズだらけのシンセの音とチョッパーベースの掛け合い。さながら、男と女の痴話げんか。ystk氏と親しい女性のやりとりを想像してしまって、ニヤニヤがとまりません。そして、「ちょっとダサレトロな感じ」(←私が言ってるじゃないですよ。)のサビのメロディに歌詞がのります。世界で一番好きだ的なことなんて絶対に今はいわないわ。FAKE IT。中田ヤスタカ、アホですか?そんなアホさ加減がたまりません。大好きです。

こんなことを思いながら、「アマデウス」と言う映画を思い出しました。その一場面です。モーツァルトが義理の母親にキンキン声でガミガミ言われ、その声にインスピレーションを得て生まれたのが魔笛の夜の女王のアリアです。

yskt氏、何かのインスピレーションがあってのメロディだと思うのですが、モデルがいるのでしょうか。
Aメロ。私の中では、言うほどレトロかなぁ。いう印象でした。エレベーターの「上へ参ります。...」だったり、ワンルームディスコの「なんだってすくなめ。半分の生活。」を連想しました。(コード進行がまったく違うという場合はご指摘ください。何せ素人なんでで...)男性に向けては決して語られない女性の独り言的メロディはこんな感じなんでしょうか?ystk氏の心の中の女性は、こんな感じで独り言をつぶやくのでしょうか?ゆうこさんもその昔こんなメロディでつぶやいたのでしょうか?心の琴線に触れるのはこんな理由でしょうか。(ちょっと踏み込みすぎました。ごめんなさい。)


妄想の視点を少し変えます。
最高になりたくて。一番になりたくて。
キミの興味ひきたくて。
なのにまた強がって。ちょっぴりのムリもして。
残念な結果だって。落ち込んでる暇はないよ。
これって、Perfumeの三人が10年ずーと思ってきたことではないのでしょうか。東京ドームに5万人集めて、その上で、FAKE IT。
うーん、たまりません。ぞくぞくします。

妄想はきりがないので、このへんで失礼します。

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/19(金) 12:16:55

りあるにさんへ
コメントありがとうございます★

> ねぇ/Fake IT 毎日聴いてます(挨拶)
ねぇ/Fake IT 毎日聴いてます
特に、Fake ITかなぁ。

> 大サビの前のタイミング見計らって~でもにかけて
> 前半と比べて音がシンプルになっていて
> ツンデレの「デレ」の部分が出たなと思いました。

言葉にださなくっちゃ、の「くっちゃ」がかわいくて、歌詞でも、音でも、
りあるにさんのおっしゃる通り、デレが表現されてますよね。
「いましかない!」
なんて、実際そんなタイミングに自分を置いてみると、
えっらいドキドキします(笑)
そんな頃もあったねとー、的な(笑)

> 酔っ払ったゆうこさん、可愛かったです(笑)

みなさん、たまーに珍しくナカムラを褒めて下さる時、
(笑)を付けるんですよね。。。。不要ですからっ!

あ、まぁ、酔っ払ってすみませんでした(笑)
おそらくあの時一番ナカムラが楽しんでいたと言える程、
すごく楽しく、幸せなひとときでした。

あらためて、ありがとうございました☆

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/19(金) 12:31:29

きしもとさんへ
コメントありがとうございます★

> あ~ちゃんの声が聞こえました。妄想は生きる力です。
妄想は引きこもる力だと思っていました(笑)

> 久しぶりに深読みしたくなる歌詞世界に妄想全開おっさんモードで参ります。
わー、うざそう(笑)

> ところで「ねぇ」の主人公、らぶらぶな彼女ではなく、ワンルームディスコの彼女のその後を描いていると解釈している私は、少し異常でしょうか?そんなおっさんのFAKE ITです。
ほう、彼と別れて一人暮らし始めて、新しい恋をして、、、と。

> イントロです。ノイズだらけのシンセの音とチョッパーベースの掛け合い。さながら、男と女の痴話げんか。ystk氏と親しい女性のやりとりを想像してしまって、ニヤニヤがとまりません。
超深読み。。。
あの金髪ロコモコ丼がそこまで考えていると思えないのだが。。。
しかし、我々には妄想の自由があり、芸能人は妄想される義務があります。
ええ、ニヤニヤしましょう。

> そして、「ちょっとダサレトロな感じ」(←私が言ってるじゃないですよ。)のサビのメロディに歌詞がのります。世界で一番好きだ的なことなんて絶対に今はいわないわ。FAKE IT。中田ヤスタカ、アホですか?そんなアホさ加減がたまりません。大好きです。

いや、ダサレトロ、これはヤスタカの強みではないでしょうか。
英語をとっても、日本語をとっても、なんじゃこれのダサさ、ベタさ。
それを敢えてバッキバキに乗せて来るMiX感は、確実に狙ってますよね。
アホを演出しているのか、本当にアホなのか!
うーん、一度ビール片手に話をしてみたいです。

> こんなことを思いながら、「アマデウス」と言う映画を思い出しました。その一場面です。モーツァルトが義理の母親にキンキン声でガミガミ言われ、その声にインスピレーションを得て生まれたのが魔笛の夜の女王のアリアです。
また、引き出しの豊富さを見せつけて来ましたね、メーヴェ乗りさん(笑)

> Aメロ。私の中では、言うほどレトロかなぁ。いう印象でした。エレベーターの「上へ参ります。...」だったり、ワンルームディスコの「なんだってすくなめ。半分の生活。」を連想しました。

Aメロ、レトロというか、ただただあの地味な感じが好き過ぎです。
ワンコはなんか違うなぁ、エレベーターは確かに似てますね。
しかし、コード進行が、私のツボではないんですね、ただそれだけです。

(コード進行がまったく違うという場合はご指摘ください。何せ素人なんでで...)
ナカムラも素人なので、あくまで好きか嫌いかしか語れないのですが。。。

男性に向けては決して語られない女性の独り言的メロディはこんな感じなんでしょうか?ystk氏の心の中の女性は、こんな感じで独り言をつぶやくのでしょうか?ゆうこさんもその昔こんなメロディでつぶやいたのでしょうか?心の琴線に触れるのはこんな理由でしょうか。(ちょっと踏み込みすぎました。ごめんなさい。)
笑wwwww

その昔なんて失礼だわ。まだしっかり現役ですから!

> 最高になりたくて。一番になりたくて。
> キミの興味ひきたくて。
> なのにまた強がって。ちょっぴりのムリもして。
> 残念な結果だって。落ち込んでる暇はないよ。
> これって、Perfumeの三人が10年ずーと思ってきたことではないのでしょうか。東京ドームに5万人集めて、その上で、FAKE IT。

これは超深読みですが、面白い!!!!!!
っていうか、うるっと来ます。。

FAKE ITの歌詞を妄想する会っていうのだけで、
オールナイトできそうな気がしてきました。

ゼブラ

[ 編集 ] 2010/11/19(金) 13:36:55

こんにちは。

ねぇ・FAKE ITをあまり聞かず、コンベスやGAMEを聴くばかりのドーム後でした。聴くといっても、家では禁止なので車内中心です。

音楽<工作の方が向いているので、Aメロとか協和音等が何だか判らないで聴いてます。音楽もYMOの機材とかシンセ・ラックなんか見て憧れて入ってます。
でも、皆さんのレビューを参考にして判ったつもり?にしてます。

リズムに揺られたい、この感覚はPerfumeの楽曲で特に感じます。聴いているだけで物足りない?・・・・踊りたくなる感じです。

とくさん

[ 編集 ] 2010/11/20(土) 16:05:06

ゆうこさん、みなさん、こんにちは。遅ればせながら、Fake it談義に参戦です。
やぁ、みなさんの深読み、妄想・・・ 最高です。

特に、、、、りょうさん
>これって、「ねぇ」の女の子のダークサイドの心理なんかなぁ???
なるほど。肉食系ゆかちゃんに襲われる妄想で、、、ドキドキが止まらない!(笑)

きしもとさん、
>ワンルームディスコの彼女のその後を描いていると解釈している
なるほど。 おじさん仲間(失礼!)としては、そそられる(何が?)解釈です。 とってもイイです。 (だから、何が?!) (笑)

さて、歌詞の(”樫野”と変換された!)の解釈から離れて、ここで曲の分析を。。。 ゆうこさんの
>ということで、これはイミテーションワールドなんです(?)
に触発されて、FAKE ITとイミテのAメロのコードを、ギターで探り弾きしながら、比較してみました。(注意:耳コピですから、正しくないかも。また、原曲のキーとは異なります。)

Em   Am7/C6 D G    Em   Am7/C6   D G
最高に なりたくって   一番になりたくって
Em   Am7/C6 D G     Em   Am7/C6   D G
ねぇもっと気にとめて  キミの興味ひきたく って ♪

そして、、、イミテーションワールド
Em  CM7   D G   Em CM7 D G
ぎりぎりに 笑って  溜息で にごす
Em  CM7 D G    Em Em7 CM7 D
たかが 恋一つ たった落としただけなのに ♪

なんと! 
「Em⇒C⇒D⇒ G」という基本的なコード進行は同一!
二つめのCが、6th Code か、Majyor7 Codeかの違いだけです。

>4小節ごとのコード進行が単純で、(中略)華やかさなし。
ゆうこさん、お見事です!
この2曲のコード進行の類似性を見分けた(聴きわけた)感性が素敵です。^^

実は、このコード進行がAメロに使われているPerfumeの曲は、まだあるんですよ。
Em    CM7    D    G    Em    CM7   D   G
キミをどんなに想い続けても あたしにできることなんかなくて ♪
そうです。 ゆうこさんのお好きな曲、I still love U 。
(リズムの取り方が全く違うので、異なる印象を受けますけどね。)

これらの曲に「少しレトロで、地味な感じ」がするのは、このコード進行の影響があるように思います。
このなぜか郷愁を誘うコード進行、僕が知るだけでも、平成では、青山テルマの♪そばにいるね♪、
昭和だと、あみんの♪待つわ♪、オフコースの♪言葉にできない♪ (だんだん、古くなってきた ^^;)などの名曲にも見られます。

この週末は、この簡単な4つのコードをギターでポロポロ弾きながら、これらの曲とPerfumeの曲を連続して歌っています。(無限ループ)^^
あぁ、”大人ファン”の皆さんと一緒に、歌いたい!

スズキ

[ 編集 ] 2010/11/21(日) 19:12:58

↑のきしもとさんのコメントを見て なるほど~~って思いました。
確かに長年の3人の気持ちなんだって考えてみると納得がいきます。

ヤスタカは何でこんな女子の気持ちがわかるんだといつも疑問でしたが
ドリファイの如く、これも恋愛を歌ってるようで実は3人のことを歌にしていたのですね。

イントロ?も最初は耳ざわりだったんですが、だんだんこの音って
恋愛中のパニック音だなとか思いました。
(私が言いたくても言えないことをため込んでるときって
 こういう音が頭に鳴り響いてる気がします。:p)
今は、3人の売れない時代の不安の音かなって思いますけど・・・。

ゆうこさん
FAKE ITのみでなく 不機嫌にでてくる女の子とナチュラルに出てくる女の子との関係性とか
いろいろ妄想したいことだらけです!:p

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/24(水) 08:29:19

ゼブラさんへ
コメントありがとうございます★

> ねぇ・FAKE ITをあまり聞かず、コンベスやGAMEを聴くばかりのドーム後でした。聴くといっても、家では禁止なので車内中心です。

わ、ゼブラさんもやっさん。さんと同様、家庭では肩身の狭い感じなんですね。。。
また、それも、愉しということでw

車中爆音はよいですよね♪

> 音楽<工作の方が向いているので、Aメロとか協和音等が何だか判らないで聴いてます。音楽もYMOの機材とかシンセ・ラックなんか見て憧れて入ってます。

シンセ・ラック、って、ラックって(笑)

> でも、皆さんのレビューを参考にして判ったつもり?にしてます。
ナカムラも、皆さまに解説して頂いて、解説したつもりになってます(笑)

> リズムに揺られたい、この感覚はPerfumeの楽曲で特に感じます。聴いているだけで物足りない?・・・・踊りたくなる感じです。
International Partyのゼブラさんを見てその資質を感じました。
もう、踊っちゃいましょっ♪

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/25(木) 23:50:45

とくさんさんへ
コメントありがとうございます★

> ゆうこさん、みなさん、こんにちは。遅ればせながら、Fake it談義に参戦です。
遅ればせながら返信で、ごめんなさい!

> やぁ、みなさんの深読み、妄想・・・ 最高です。
みんな、もう、自分の世界、です、はいww

> 特に、、、、りょうさん
> >これって、「ねぇ」の女の子のダークサイドの心理なんかなぁ???
> なるほど。肉食系ゆかちゃんに襲われる妄想で、、、ドキドキが止まらない!(笑)

もーー、いい歳したオヤジが二人でドキドキしてるって、、、、いいですね(笑)

> きしもとさん、
> >ワンルームディスコの彼女のその後を描いていると解釈している
> なるほど。 おじさん仲間(失礼!)としては、そそられる(何が?)解釈です。 とってもイイです。 (だから、何が?!) (笑)

あー、もうオヤジ二人で勝手にニヤニヤ共感しててくださいw

> さて、歌詞の(”樫野”と変換された!)
それは嬉しいっ!
というより、とくさんさんが、樫野で変換し過ぎで学習させちゃったんじゃないですか?

> >ということで、これはイミテーションワールドなんです(?)

> Em   Am7/C6 D G    Em   Am7/C6   D G
> 最高に なりたくって   一番になりたくって
> Em   Am7/C6 D G     Em   Am7/C6   D G
> ねぇもっと気にとめて  キミの興味ひきたく って ♪

すごいーーーー!
何が書いてあるのかわからなけれど、スゴイッ(笑)

> なんと! 
> 「Em⇒C⇒D⇒ G」という基本的なコード進行は同一!
> 二つめのCが、6th Code か、Majyor7 Codeかの違いだけです。

わーーーーーーーっ!
ほんと、ここまで解説して頂いて、ほんっとにありがとうございます!
いやぁ、もっと勉強しないといけないですね。。

> >4小節ごとのコード進行が単純で、(中略)華やかさなし。
> ゆうこさん、お見事です!
> この2曲のコード進行の類似性を見分けた(聴きわけた)感性が素敵です。^^

褒められたーーっ☆
嬉しいです♪ありがとうございます。

> 実は、このコード進行がAメロに使われているPerfumeの曲は、まだあるんですよ。
> Em    CM7    D    G    Em    CM7   D   G
> キミをどんなに想い続けても あたしにできることなんかなくて ♪
> そうです。 ゆうこさんのお好きな曲、I still love U 。
> (リズムの取り方が全く違うので、異なる印象を受けますけどね。)

とくさんさん、スゴイ!本当にスゴイ!
いやぁ、もう、あの、ブログ書いてください

> このなぜか郷愁を誘うコード進行、僕が知るだけでも、平成では、青山テルマの♪そばにいるね♪、
> 昭和だと、あみんの♪待つわ♪、オフコースの♪言葉にできない♪ (だんだん、古くなってきた ^^;)などの名曲にも見られます。

すごい。。。
コード進行で読み解くヒット曲、みたいな話をどこかで読んだ気がしますが、
それは、とくさんさんだったのでは?

> この週末は、この簡単な4つのコードをギターでポロポロ弾きながら、これらの曲とPerfumeの曲を連続して歌っています。(無限ループ)^^
> あぁ、”大人ファン”の皆さんと一緒に、歌いたい!
はーい、歌いまーす!

ゆうこ

[ 編集 ] 2010/11/25(木) 23:52:59

スズキさんへ
コメントありがとうございます★

> イントロ?も最初は耳ざわりだったんですが、だんだんこの音って
> 恋愛中のパニック音だなとか思いました。
> (私が言いたくても言えないことをため込んでるときって
>  こういう音が頭に鳴り響いてる気がします。:p)
> 今は、3人の売れない時代の不安の音かなって思いますけど・・・。

うーん、皆様読みが深いっ!
ドキドキしてきます。

> FAKE ITのみでなく 不機嫌にでてくる女の子とナチュラルに出てくる女の子との関係性とか
> いろいろ妄想したいことだらけです!:p

よしっ、妄想だー!
#ただ今妄想中w

なんか、図表に整理したくなりますw











管理者にだけ表示を許可する
http://yukonaka.blog47.fc2.com/tb.php/220-e863111b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。