スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

清 竜人★AppleStore渋谷インストアLIVE

カテゴリー: 清 竜人

竜人
AppleStore渋谷インストアLIVE
9月23日(水)20:00スタート

先ほど帰ってきました☆ライブレポです♪
5曲30分弱で終わってしまいましたが、心の琴線に触れる素敵なライブでした。
あぁ、どうして君の声はそんなに美しいのだ!


■18時過ぎから並ぶ。

17-18人目だったと思います。
18時30分くらいだったかな、君が行列の前を通ってストア入り。
実は見逃してしまいましたが、後ろの方達のお話から知って、ショック(悲)
行列ができていることにびっくりしつつ、
こちらに向かって挨拶してくれたようです。


■アップルストア一杯に観客充填される。

2列目のほぼ中央。
向かって右横にセットされたシンセとマイクスタンドがよく見える!
多分、本人まで1-2M!!!
やった!2時間並んだ甲斐があった(泣)

あまりメジャーじゃないので、お客さん一杯入らなかったら寂しいなと思ったけれど、
そんな心配失礼だ!というくらいの沢山のお客さんで、
しきりに前につめてくださいとアナウンスがありました。


君登場!若いっ!

初めての生君。
2階からガラス階段を降りてきながら登場。
happy brainと書いてあるTシャツ(有名なんですかね?これ?)
happybrain.jpg

と、くすんだ水色っぽいゆるめのジーンズっぽいのを、
裾を左右微妙にアンバランスにして、ロールアップ。
若い子らしく、すこしヒップハングな感じで着てました。
靴は明るいエメラルドグリーンのスニーカー。

わ、普通の若い子、っていうのが第一印象です。


■MCなしで Morning Sun あぁ。

おもむろにギターをかけ、少し調子をみて、すぐに歌い始めました。
これです。これが聞きたかったのです。
auのCMで忘れられないけど誰の曲か分からなくて、
秦君の動画をYoutubeで見ていたら、偶然見かけて、感動!

曲がもちろん良いのだけれど、この歌詞の世界観も好き。
 単純な繰り返しが 本当はただ大切で 
 気づいていないだけなんです
本当に、本当に、本当に、そう思うよ。

なんてピュアで気持ちよく心にしみこむ声なんだろう。
繊細でこわれそうな感じがするかと思えば、力強かったり(他の曲で)、で、いい。
声とギターそれ以外何もいらない。
無駄なものはいらなくて、ただリフレインし続けてほしいと思いました。
あっという間に終わっちゃいました、、、美しい余韻を残して。




■とにかくかわいい♪

曲が終わって、次の準備。
ギターの何かの装置が落ちたり、なんかちょっと落ち着かない感じ。
それも、また、初々しくてよろしかったです。
女性ファンが多いのも納得。

やはりMCはなしで、曲名紹介すらありません。

#普段PerfumeのグダグダロングMCに慣れているので、
#物足りなさは隠せません(笑)

「あなたにだけは」を歌った後、ピックを持つんですが、
そのとき、口にピックをくわえていたりして、これまたかわいかったです。

「ジョイフル」では、思わずノリノリになっちゃいました。
フェスとかだったら、もっと踊っちゃうのですが、
荷物持ったままだし、周りの方に迷惑そうだし、最小限控えめにしてみました。

#曲名がちょっと不安。


■シンセに移動。初めて口を開く!

ギターからシンセに移動し、待望のMC。
自己紹介をした後、入り口まで沢山の人が来てくれているから、
できるだけ皆さんの顔を見て歌うようにします、
というようなことを言っただけでした。
まだ何か言うんかな、と思ったら、すぐ、曲。
思わず微笑んでします。

そして最後に「ヘルプミーヘルプミーヘルプミー」
アコースティックVer.
サビのヘルプミーの連呼は、彼の声の特徴が良く生かされていて、
一つ一つのヘルプミーが、いろんな色を、意味を持たされているようで、
グッと来ます。



歌詞をよく聴くと、彼自身のことを歌っているようで、さらにグッと来ます。
おねえさんが助けてあげるーっとか、妄想は果てしなく広がります。
はい、ごめんなさい。

歌詞はとっても彼らしいなと思いました。
出だしちょっとひねった感じで、そこから遠まわし遠まわしに、
主題を浮き彫りにさせていく感じが。

いい曲ですね。
派手な曲ではないけれど、沢山の人の心に届けばいいなと思います。


■やっぱり、かわいい。

途中でペットボトルに躓いたり、ちょっと挙動不審だったり、
緊張しているのかな?しぐさがとても可愛かったです。
芸能界、いろいろと黒い世界のようですが、
どうかこのままピュアなまま成長して欲しいなと願ったり、願わなかったり。

最後確かシングルの宣伝をした気がしたのだけれど、
司会の方だったかな?

MCは少ないし、相変わらずの長い前髪で顔も良く見えないし、
(でもしっかり目は合ったと思い込んでますが、何か。)
ある意味、チラリズム的な魅力もある君。
今後のご活躍を願って止みません。

あー、いいライブだったなぁ。
明日から仕事だ、頑張ろう♪

#Perfumeもこれくらい近くで見れたらなぁ、
#とやっぱり思ってしまいますがw
スポンサーサイト
2009/09/23(水) 22:43 | trackback(0) | comment(4)

清 竜人が 今アツイ!

カテゴリー: 清 竜人

清 竜人」 って存知でしょうか。

まだマイナーですが、才能あふれる19歳のシンガーソングライター。

目を付けておいて損はないですw


auの宣伝で使われた「Morning Sun

曲を聴けばきっと、これいい曲だと思ってた。。。と思い出すはずです。




Kiyoshi Ryujin Official Websiteより

1989年5月27日生まれ。大阪府出身

15歳が終わろうとしていた春、彼は親戚の叔母さんがゴミ捨て場から拾ってきたギターを貰い、オリジナル曲を作り始める。

16歳の夏、対バン相手から「自主制作音源はないんですか?」と訊かれ、自主制作でCDが作れることを初めて知る。バイトで稼いだ7万円で制作した音源は、後にたくさんの業界関係者の耳に留まり、彼の人生を変えていくことになる。

17歳の夏、全国高校生バンド選手権「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2006」に出場し、見事グランプリを受賞、副賞として同年のROCK IN JAPAN FESへの出場を果たす。

18歳の誕生日の2日前、初めて東京でライブを行う。噂を聞きつけた20社以上の音楽関係者が詰めかけ、彼をめぐっての争奪戦が白熱する。

18歳の冬、高校を自主退学。音楽家として生きていくことを決意する。

ほどなくして映画「僕の彼女はサイボーグ」への挿入歌の依頼が舞い込む。彼のデモテープを聴いたクァク・ジョヨン監督(「猟奇的な彼女」)自身からの異例とも言えるオファーであった。

19歳の誕生日を迎えてすぐ、本格的なレコーディングを開始。

そして10代最後の春、デビュー。
いよいよ彼の音楽が響き始める。



声に味がありますよねぇ。

かすれたような声でささやいてみたり、乱暴にシャウトしてみたり、

お姉さんとしては、放っておけません。


私の一番のお気に入りはこちら。




ROCK IN JAPAN FES.2009にも出場が決まったみたいです。

あいにくチケットは持っておりませんが、、、ワンマンを早くやってほしいです。

必ず聴きにいきます。

一人でも聞きにいきますっ。
2009/05/05(火) 23:00 | trackback(0) | comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。